OPEN
CLOSE
開催日
2018年12月9日
開催場所
アルスクール自由が丘校
費用
無料

AIやIoTなどで社会が大きく変遷し、多くの職業がなくなると言われています。また、2020年には学習指導要領改訂が改定され、プログラミングが必修化し、「主体的・対話的で深い学び」が取り入れられます。 従来の教育に対して漠然と不安を持たれている方も多いのではないでしょうか?

探究学習で知られるオルタナティブスクールの先生、国際バカロレア認定校の経験もある私立中学高校の先生、アルスクール代表が登壇して、これからの教育の話や、皆さんの疑問にフランクにお答えします。 探究型学習やアクティブ・ラーニング、プログラミング教育、国際バカロレア、受験などのキーワードに興味がある方はぜひご参加ください。

タイムスケジュール

13:45 - 14:00
受付
14:00 - 14:10
登壇者紹介
14:10 - 14:20
アルスクール紹介
14:20 - 14:45
パネルディスカッション
14:45 - 15:00
質疑応答
15:00 - 15:30
フリータイム
登壇者、モデレーターは残っていますので、ご自由にご質問ください。

登壇者、モデレーターは残っていますので、ご自由にご質問ください。

登壇者

山﨑 智仁
探究型学習が特徴的な全日制マイクロスクール、東京コミュニティスクールの教育スタッフ兼技術者として実践するとともに、慶應義塾大学SFC研究所上席所員として認知科学の研究開発を続ける。「研究者」「エンジニア」「教育者」と多彩な顔を持つ実践家。
アルスクール創作総指揮。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。
野村 佳史
清泉女学院中学高等学校教員。
フェリス女学院中高、昭和薬科大学附属中高(沖縄)、ぐんま国際アカデミーなどで教鞭をとり、模擬国連やディベートなど、生徒が主体的積極的に学ぶことに重点を置いた活動を指導。
前任のぐんま国際アカデミーは国際バカロレア(IB)認定校であり、IBの魅力を肌で感じてきた。
東京大学経済学部卒業。1児の父。
村野 智浩
アルスクール代表として、100名以上の子どもとプログラミングを学び、探究学習やSTEM教育を学び続ける。
息子はオルタナティブスクールやモンテッソーリ幼稚園に通い、保護者としても面白い教育を実践。チームラボや外資コンサルで活躍したITスペシャリスト兼起業家。
東京大学工学部地球システム工学科卒業、2児の父。

モデレーター

福場 梨紗
アルスクールCOO。
日本IBMでプロジェクトマネージメントを経験したのち、株式会社シーエー・モバイルでエンジニア組織統括として事業づくり、組織づくり、人材育成などに携わる。独立後はITプロジェクトやエンジニア組織作り・育成に関するコンサルティングを行う一方、パパ・ママを支援する株式会社ママメディを創業。
東京大学経済学部経営学科卒業。1児の母。

詳細情報

開催日時 2018年12月9日 14:00 〜 15:30
金額 無料
会場 アルスクール自由が丘校
東京都目黒区自由が丘1-23-24
サンテラス自由が丘 102
参加者多数の場合、近くの他会場に変わる場合があります。
アクセス 自由が丘駅(東急東横線) 徒歩6分
自由が丘駅(東急大井町線) 徒歩6分
※自転車での来校はご遠慮ください。
TEL 090-4917-0470
その他 泣き声や子供の声は問題ございませんので、お子様連れの方も遠慮無くご参加ください。
園児や小学生向けには、アルスクールで使用している教材(レゴ・キュベット等)を用意しますので、それらに触れて遊んでいただくことができます。(スクールは開催いたしません)

ご予約