自由が丘校

子どもたちの“創造力”を育むプログラミングレッスンの流れを紹介します!【自由が丘校】

アルスクール自由が丘のレッスンの様子
ちなたつ
ちなたつ
こんにちは!
キッズプログラミング教室アルスクール自由が丘校のちなたつです。

キッズプログラミング教室アルスクールでは、子どもたちが楽しく成長できるよう、日々レッスン内容を見直し、改善に努めています。

今回は、アルスクール自由が丘校で現在行われているレッスンの流れについて、詳しくご紹介いたします。

ちなたつ
ちなたつ
今後も新しいレッスンの流れを導入した際には、あらためてご紹介します!

レッスンの流れ

レッスンの大きな流れは、以下のとおりです。

【STEP1】テーマ学習 20分
【STEP2】創作活動  60分
【STEP3】振り返り  10分

それぞれどのような活動をしているのか、具体的にみていきましょう。

【STEP1】テーマ学習(20分)

アルスクール自由が丘校のテーマ学習の様子

テーマ学習では、スタッフと一緒にクラス全員で同じテーマに取り組み、プログラミングスキルを習得します。

たとえば、「動き」をテーマにする場合、キーボードの矢印キーを使ってキャラクターを動かす方法を学びます。

また、「変数」の場合は、キャラクターに体力やスピードなどの特性を設定する方法を学びます。

さまざまなプログラミンの基本概念の中から、1つのテーマを取り上げ、子どもたちに伝えていくイメージです。子どもたちに新しいスキルを身につけてもらい、創作の幅を広げていきます。

【STEP2】創作活動(60分)

アルスクール自由が丘の創作活動の様子

創作活動の時間では、子どもたちがこれまでに習得したスキルを活かし、自由に創作を楽しみます。

テーマ学習の内容を発展させた課題や、学んだ知識を応用したオリジナル作品の制作に取り組む時間です。

アルスクールでは、この自由な創作時間を重視しています。

ただ教わるだけではなく、試行錯誤しながらオリジナル作品づくりに取り組むことで、スキルは身についていくと考えているからです。

自由が丘プログラミング202303 (8)

うまくアイデアが浮かんでこない子には、スタッフがちょっと変わったゲームを作ってみせたり、ほかの子の作品を紹介したりすることで、想像力を刺激します。

「こういうこともできるのか!」と発見し、次第に目を輝かせる子どもたち✨いいぞ~!

また、子どもたちの中には「与えられた課題よりも自分の作品のほうが集中して作れる!」と感じる子もいます。

そのため、オリジナル作品を作れるこの自由創作の時間は、とても大切だなと感じています。

【STEP3】振り返り(10分)

アルスクール自由が丘の振り返りの様子

レッスンの最後には、お互いの作品を発表し合い、みんなでその日の活動を振り返ります。次回のレッスンの確認もこの時間に行います。

ほかの子どもたちの作品を見ることで、新しいアイデアに触れ、お互いにアドバイスをもらえることも。この経験を次のレッスンや創作活動に活かせるとベストですね😊

アルスクール自由が丘校に遊びに来てね!

アルスクールでは、基本的なプログラミングスキルの習得から自由創作による深掘りまで、子どもたちが楽しく学びながら成長できるように、日々レッスン内容を工夫し改善しています。

子どもたちの創造力を育むアルスクールのレッスンを、ぜひ体験しに来てください!

無料体験レッスン

キッズプログラミング教室【アルスクール】では、自由が丘校・中野校・中野TCS校・恵比寿校・大阪南千里校・福岡西新校・オンライン校で、プログラミングレッスンを行っています。

好きなモノを作り、子どもどうしがお互い刺激し合いながら、プログラミングスキルや非認知能力を伸ばしています。

通常レッスンに参加できる無料体験レッスンは、随時開催しています。

現在、通常11,000円(税込)する入会金が0円になる、新学期キャンペーン実施中

この機会に、一度アルスクールの学びを体験してみませんか。


新学期入会金無料キャンペーン
>> 無料体験レッスンを詳しくみる