恵比寿校

子どもたちが作るプログラミング作品がすごい!【恵比寿校】

アルスクール恵比寿校のレッスンの様子
ちなたつ
ちなたつ
こんにちは!
キッズプログラミング教室【アルスクール】恵比寿校のちなたつです。

アルスクールでは、4ヶ月に一度、子どもたちが自分の作品をほかの生徒に披露する「ミニプレゼンテーション」の機会を設けています。

今回は、2023年12月のミニプレゼンテーションで子どもたちが発表してくれた作品をいくつかご紹介します✨

【作品紹介1】オリジナルキャラクターを使ったアニメーション

アルスクール恵比寿校の子どもたちが作った作品「おさかな」

まずはこちら、魚のオリジナルキャラクターを使ったアニメーション作品です。

この作品を制作した子は、もともとイラストを描くのが得意。
今回は自分でオリジナルキャラクターを創作し、アニメーションを制作したようです。

足が生えた独特な魚に、子どもたちからは歓声と悲鳴が(笑)。
本人もこの反応を期待していたのか、とても満足げでした😂

とはいえ、キャラクターの動きはしっかり作られており、水中を歩いたり走ったりする様子をうまく表現していました。……魚なんですけどね(笑)。

プログラミング学習ソフト・Scratchの「スプライト」という機能を使うと、自分だけのオリジナルキャラクターを動かして自由にアニメーションを作ることができます。

【作品紹介2】スーパーマリオのようなアクションゲーム

アルスクール恵比寿校の子どもたちが作った作品「プラットフォーマー」

次に紹介するのは、いわゆる「スーパーマリオ」のような、シンプルなアクションゲームです。

敵を飛び越え、ゴールの旗に到達すればステージクリア!

簡単そうに見えますが、キャラクターのジャンプ力が調整されているので、敵を飛び越えるのが意外に難しい…。

実際にプレイした子どもたちは、ゲームクリアに苦戦しつつも楽しんでいました(笑)。

スクラッチでは、このようなプラットフォーマーゲーム(横スクロールのアクションゲーム)を作ることができます。

【作品紹介3】シューティングゲーム

アルスクール恵比寿校の子どもたちが作った作品「シューティングゲーム」

続いてはシューティングゲームです。キーボードのスペースキーを押すと弾が発射されます。

このゲームを作ってくれた子が工夫したのは、「最初の敵を倒すと次の敵が登場する」という仕掛けです。

さらに、2体目の敵を倒すと次のステージも用意されており、楽しめる工夫が次々と展開!

ほかの子どもたちも、創造力と探究心が刺激されている様子でした✨

アルスクールに遊びに来てね!

アルスクール恵比寿校でレッスン中の子どもたち

今回は子どもたちがミニプレゼンテーションで発表してくれた作品をいくつか紹介しました。

ミニプレゼンテーションだけでなく、日々のレッスンもみんなで一緒に楽しんでいます。ぜひ恵比寿校に遊びに来てくださいね!😊

無料体験レッスン

キッズプログラミング教室【アルスクール】では、自由が丘校・中野校・中野TCS校・恵比寿校・大阪南千里校・福岡西新校・オンライン校で、プログラミングレッスンを行っています。

好きなモノを作り、子どもどうしがお互い刺激し合いながら、プログラミングスキルや非認知能力を伸ばしています。

通常レッスンに参加できる無料体験レッスンは、随時開催しています。

現在、通常11,000円(税込)する入会金が0円になる、新学期キャンペーン実施中

この機会に、一度アルスクールの学びを体験してみませんか。


新学期入会金無料キャンペーン
>> 無料体験レッスンを詳しくみる