2018サマーキャンプ

スクラッチでいろんな独創的な作品ができました [2018summer 8/1]

おしゃべりすいぞくかん、と題した、スクラッチ(Scratch)を使って好きな絵を動かしたり音をつけるコースを開催しました(2018年8月1日)。

子どもの個性あふれる作品ができあがりました!

4時間(+休憩1時間)のコースをやっても、時間が足りない。
いや、割とスタッフはクタクタだったりするんですが、子どものパワーはどんどん加速していく。

 

まずは企画・設計を行います。
画用紙に、好きなもの、動かしたいものをスケッチします。そのうえで、動きや音をどうつけるか。
いきなりPCに向かうと、逆に全然進まないので、とても大切なプロセスです。


 

企画・設計が終わったら、スクラッチの使い方を教わりつつ、プログラミングしていきます。


 

最後は、今日やったプロセスで、工夫した点などを振り返り、まとめて、プレゼンを行います。


 

それでは作品です。PCでご覧ください。ぜひ音ありで。




ABOUT ME
むらっち
むらっち
村野智浩。探究型プログラミング教室アルスクール代表。探究学習などを学びながら、150名以上の子どもたちと学ぶ。チームラボでPM、スタートアップの技術顧問などを歴任のITスペシャリスト。東京大学工学部卒業。
アルスクールの
1dayサマーキャンプ

アルスクールは、自由が丘、中野にある小学生、中学生、幼児(年中、年長)向けのプログラミング教室。プログラミングを使った創作活動を通じて、子どもたちの学びたい意欲を引き出す学び場です。夏休みに1dayサマーキャンプを多数開催!ぜひ一度体験してください。

1dayサマーキャンプをチェック