2018サマーキャンプ

小2小3女子会![2018summer 8/6]

第二回、女子限定サマーキャンプ(通称女子会)が新宿のINBOUND LEAGUEで行われました。偶然、小2と小3だけになりました。もちろん女の子のみ。

 

リサ先生を中心にレッスン開始!最初からいい雰囲気です。

 

リサ先生、柔らかい雰囲気で子どもの気持ちを盛り上げるのがうまいです。お勉強感はゼロで、盛り上がっていきます。

工作やプログラミングは男性スタッフも一部フォローしつつ。

 

一般的なプログラミング教室、男子の方がかなり多いと思いますが、女子限定、雰囲気すごくいいです。もちろん男女混合もそれはそれでいいんですが、それとはまた違った良さ。

ハーモニーが生まれやすいのかな、、あるいは、男子がいると男子の作品の影響が強く出るのか。

イングランドのデータで、共学よりも女子校の方が、プログラミングに興味を持つ女子の割合が高かったというのが出てました。

 

作品のクオリティがすごい。

大好きな先生に魔法の箱を作って上げた子。

開くと音楽がなって、手をつないでも違うミュージックが流れます。

 

仲良し2人組は、ペットを作りました。おやつをあげると喜びます。(磁力センサー使ってます)

 

耳飾りしたり、ネックレスつけたり、時間のあるかぎり、作り続けてます!

 

 

終わったあとは、一緒に写真撮って!と言われて嬉しかったです^^

 

お絵かきや工作ももちろん素晴らしい学びですが、さらにそこにプログラミングで動きがつく。インプットに対してアウトプットがある。
たとえば「ごはんをあげたら(インプット)、よろこぶ顔をする(アウトプット)」というのを自分で考えて作り上げるのが、すごく面白く、こどもの発想を一歩進めるように思えます。

 

女子会、この夏休みに2回、合計13人の女子が参加してくれました。

男子は男子で、エネルギーが溢れ拡散していって想像を超えていき、面白いですが、女子は女子で、友達と高め合い、ディテールにもこだわり、ストーリー性が高く男子にはない発想が見られます。(もちろん、男子でもすごくストーリー性重視する子もいるし、子どもによります)

プログラミングを学ぶ、ものづくりを楽しむ、新しいものを創り上げるおもしろさを感じる。女子も男子もなく、みんなに体験してほしいと心から思いました。

ABOUT ME
むらっち
むらっち
村野智浩。探究型プログラミング教室アルスクール代表。探究学習などを学びながら、150名以上の子どもたちと学ぶ。チームラボでPM、スタートアップの技術顧問などを歴任のITスペシャリスト。東京大学工学部卒業。
探究型プログラミング教室
アルスクール

アルスクールは、自由が丘、中野にある小学生、幼児(年中、年長)向けのプログラミング教室。プログラミングを使った創作活動を通じて、子どもたちの学びたい意欲を引き出す学び場です。子どもが夢中になる学びをぜひ一度体験してください。

体験イベントをチェック