教育

ポケモンカードは算数でありプログラミング

最近、我が家でポケモンカードがブームです。そしてアルスクールでも行われるようになってきました。

以前、大量にもらったのですが、遊び方が分からず、ただの図鑑になってました。それが、アルスクールの子に遊び方を教えてもらい、それから子どもたちがハマり、見てる僕もやりだしました。

すごいですね、このゲーム。

こういうカードゲーム、まったくやったことなかったですが、将棋と麻雀を組み合わせて、お金遣えば強くなる経済的要素が組み合わさってる。

ポケモンカードの遊び方(超適当)

  • 2人で戦う。
  • それぞれ、60枚ずつカードを持つ。(60枚セットが売っています)
  • ルールに従い戦う。(雑な説明。。)
  • 先に6回勝った方の勝ち。強いポケモン倒すと、2回や3回分の勝ちになる。
  • ポケモンはそれぞれ技や相性がある。

すごいところ

  • 戦略が複雑で奥が深い。
  • 小さい子でもなんとかなる(年長の次男ができてます)。
  • 運の要素も強い。
  • ゲームバランスが絶妙。
  • お金かければ強くなれちゃう、けど絶対じゃない。

学びとこじつけてみる

ポケモンカード(ポケカ)でいいなと思ったのは、計算が必要になること、何手か先まで推論すること。手を読む過程では結構な計算を行うことになる。

計算が必要なことで算数のスキルが、「こうやったらこうなって」と先を読むことでプログラミングのスキルが身につきます。

数遊びの機会は、子どもによっては実は少ない

僕は小さい頃、数で遊ぶのが好きでした。野球をやってたので、ホームラン打つと何点差になるとか、打率や防御率なども。野球以外でも、買い物で足し算やお釣り計算したり。

長男を見ていると、あまり日常生活で計算していません。計算が好きな子はいろいろ日常生活で計算するのですが、そうでないと、思った以上に数と触れ合わないのだなと気づきました。

長男は定性的な知識欲はかなり強く、情報を積極的に集めて吸収するのは非常に得意。どちらがいいということはなく、個性です。

ただ、どうせなら数といっぱい触れ合ってほしい。ただ計算を覚えるのではなく、日常生活のなかで触れ合うことで、より数学的なセンスが身につく

コンピューターが進化しても計算力は大切

計算は計算機があればいいという考え方もあるかも知れません。でも、僕はそうは思いません。

数と触れ合ってセンスを磨くと、正確な数値がなくても推論できたり、論理の穴を見つけやすくなると思います。

例えば、こんな。

Q. 49 x 51 はだいたいいくつ?
A. ほぼ50×50なので2,500くらい。

Q. 17打数5安打は3割ある?
A. 残り3打数1安打(0.333)で20打数6安打=3割。3割になるのに、3割を少し超える打率が必要なので3割より少し低い。

1つ1つ正確に計算しなくてもおおよその定量的なイメージを持って話を進められるのは、ビジネスの世界でも非常に役に立ちます。

その感性を磨く方法、数に触れ、実生活や実体験と結びつけて理解し、たくさん使ってみることだと考えます。

(計算力がついたら、計算自体はコンピュータにやらせて、もちろんいいです)

テレビゲームはもったいない

テレビゲームでも面白さは変わらない、むしろ子どもにとっては戦略にフォーカスできて楽に遊べていいでしょう。試行錯誤を繰り返せるという面でもいいと思います。

ただ、やっぱり計算が省略される(コンピューターが行う)のはもったいない。

また、カードゲームのほうが、やり直しが聞きにくく、1回の決断が重いので真剣に考えそうな気がします。

結論

ポケモンカードは面白い
何でも学びにこじつけられる

ポケモンカードを学びに結びつけるのは、ちょっと強引だったかもしれません。

でも、子どもが熱中して楽しむものはなんであれ、学びにこじつけて、いい点を見つけられます。

遊びを楽しんでいる時間は、一番真剣に考えてる時間でもあります。いっぱい遊びましょう。

ABOUT ME
むらっち
むらっち
村野智浩。探究型プログラミング教室アルスクール代表。探究学習などを学びながら、150名以上の子どもたちと学ぶ。チームラボでPM、スタートアップの技術顧問などを歴任のITスペシャリスト。東京大学工学部卒業。
探究型プログラミング教室
アルスクール

アルスクールは、自由が丘、中野にある小学生、幼児(年中、年長)向けのプログラミング教室。プログラミングを使った創作活動を通じて、子どもたちの学びたい意欲を引き出す学び場です。子どもが夢中になる学びをぜひ一度体験してください。

体験イベントをチェック