オンラインレッスン

オンラインプログラミングレッスン|プレゼン会で見られた子ども達の成長

オンラインレッスン(3)

アルスクールでは、3ヶ月に1度、子ども達が自分のプログラミング作品を発表するプレゼンテーション会があります。

この3ヶ月での自分の成長を振り返り、スクールの仲間と共有する会です。

この日は2人の生徒がオンラインでレッスンに参加していました。

オンラインレッスン(1)

1人は小2の男の子・もう1人は小5の男の子です。

今回は、2人のプレゼン会の様子を紹介します。

 

オリジナル作品を発表する準備

オンラインレッスン(2)

レッスンの前半は、プレゼンテーションの準備を行いました。

それぞれ作った作品を通して、自分の3ヶ月を振り返り、文字にしていきます。

今回のプレゼンでは、アルスクールが用意している紙を使って、次のような内容で書いていきました。

  • 作品の説明
  • 遊び方
  • 次にがんばりたいところ
オンラインレッスン(7)

自分が考えたゲームについて、がんばって書いていましたよ!

 

プログラミング作品のプレゼンをしよう

オンラインレッスン(3)

今回は、自由が丘の教室と一緒に、プレゼンテーションを行いました。

プレゼンでは、2人とも3ヶ月の成長を自分なりの言葉で上手に使えることができたのではないかと思います。

オンラインレッスンの2人に共通していた点は、アルスパークにあるレッスン動画を参考にして、「いくつかのゲームを作り上げた後、自由創作に取り組んだ」という点です。

次の章からは、そんな2人の様子や成長を紹介していきます。

小2の男の子の成長

オンラインレッスン(8)

小2の男の子は、まずは「アルジュラパーク」というレッスン動画に取り組んでいました。

このレッスンはとても難しいのですが、「このゲームおもしろそうだから作ってみる!」と言って挑戦!

数回のレッスンを使って見事作りきったことで、プログラミングスキルと同時に、「やり遂げる力」もとても身についたのではないかと思います

 

その後、数回のレッスンで、自由創作をしました。

オンラインレッスン(4)

男の子が作ったのは、ネコがカニと戦うゲームでしたが、「アルジュラパーク」で学んだクローンを使ってカニの動きを作り上げました。

レッスン動画で学んだものを自由創作で理解を深めることができていて、素晴らしいなと感じました

 

小5の男の子の成長

オンラインレッスン(5)

小5の男の子は、今まで創作意欲がわかないことが多い子でした。

でも、今回はどんな作品を作るかスタッフと相談する中で、レッスン動画の中の「シューティンングゲームを作ってみたい!」と言ったので、動画を見ながら作り始めました。

シューティングゲームのレッスン動画は、レベル1・2・3とあります。

レベル1が終わったらその作品を使って、レベル2・レベル3と作品をレベルアップさせていくことができます。

この男の子は、レベル1・2と順調に進めていき、その後、そのシューティングゲームを元にして自由創作に取り組みました。

自由創作の場面では、楽しそうに敵の攻撃を作り上げていきました。

1つの作品を時間をかけて作り上げたことで自信を持てたのか、その後の時間でも自ら考え、制作に取り組んでいます

 

オンラインレッスンを積極的に楽しんだ子ども達

この3ヶ月間、2人ともとても積極的にプログラミングを楽しむことができていました

プレゼン会では、3ヶ月での成長を改めて確認でき、スタッフもとても嬉しく思いました。

3ヶ月に1回のプレゼンテーションが生徒自身も自分の成長を噛みしめる機会になっていると嬉しく思います。

無料体験レッスン

キッズプログラミング教室【アルスクール】では、自由が丘校・中野校・中野TCS校・恵比寿校・福岡西新校・オンライン校で、プログラミングレッスンを行っています。

通常レッスンに参加できる無料体験レッスンは、随時開催しています。

好きなモノを作り、子どもどうしがお互い刺激し合いながら、プログラミングスキルや非認知能力を伸ばしています。

この機会に、一度アルスクールの学びを体験してみませんか。