恵比寿校

3ヶ月に1度のプレゼン会|プログラミングで作ったゲームを発表しよう【恵比寿校】

恵比寿校レッスン記事202203 (2)

今回は、アルスクール恵比寿校のプレゼンの様子を紹介をします!

アルスクールでは3ヶ月に1度、自分の作品をプレゼンする機会があります。

作っているものは子どもによって様々!

プレゼンを通して、自分の成長を実感したり、他の人の作品を見てアイディアがもらえたりします。

それでは、恵比寿校のプレゼンを見ていきましょう!!

 

プログラミング作品の創作&プレゼン台本作成

恵比寿校レッスン記事202203 (5)

プレゼンはレッスンの後半に行うので、それまでに創作を進めたり、プレゼンの時のために台本を作成したりします。

子どもによって作っているものは本当に様々!

アルスパークでプラットフォーマゲームを作っていたり、

シューティングゲームを作っていたり、

オリジナルのイラストを描いている子もいます。

恵比寿校レッスン記事202203 (4)

またマイクロビットで音を鳴らしたり光らせたりするコードを作っている子もいます。

マイクロビット単体ではできることは限られているので、工作も組み合わせている子もいます。

恵比寿校レッスン記事202203 (3)

子どもの興味関心、好きなことに沿ってプログラミングできるので、レッスンで楽しく学んでくれています♪

プログラミング作品をプレゼンしよう

プレゼンでは、次のような内容で話していきます。

  • 作品のタイトル
  • 作品の説明・遊び方
  • 頑張ったところ

子どもたちは緊張しながらも、しっかりと自分の言葉で発表していました!

次章からは、2人の子のプレゼン内容を紹介していきます。

背景スクロールのプラットフォーマゲーム

恵比寿校レッスン記事202203 (1)

プラットフォーマ―ゲームとは、スーパーマリオブラザーズのような面をクリアしていくゲームのことです。

プラットフォーマゲームの中でも、作るのがけっこう難しい背景スクロールの作品です。

背景スクロールゲームでは、主人公は真ん中から動かず、周りの物や土台が動きます。

その結果、主人公が動いているように見えます。

ゲームはまだ完成しておらず、途中の状態だったのですが、できているところとがんばっているところを発表

最後に、「これからどういう感じで進めていくのか」を伝えてくれました

他の子たちも興味津々で「どうやって作ったのー?」と質問していました^^

 

プラットフォーマゲーム+シューティングゲーム

恵比寿校レッスン記事202203 (2)

続いてもプラットフォーマゲームですが、こちらはシューティングゲームも組み合わせたものとなっています。

道の途中に弓が落ちていて、拾うことで弓を撃てるようになります。

また、こちらは他の人の作品をリミックスしたもの(参考にしたもの)で、コードはあまり変えずに、剣や弓のコスチュームを変えたとのことです♪

1から作ることも良いことですが、他の人のゲームを参考に少し変えることも学びになります!!

「次はこのゲームを自分で作ってみたい!もっとここをこうしたい!」

と言って、次回のプレゼンに向けて意気込んでいました^^

 

アルスクール恵比寿校に遊びにいこう

プログラミングは、成長しているかどうかが分かりづらい部分があります。

でも、今回のようにプレゼンをする機会を設けることで、自分の成長を感じて、意欲的に学ぶようになっていきます

普段のレッスンでも子どもたちだけでなく、スタッフも楽しみながら一緒に学んでいます♪

ぜひ、アルスクール恵比寿校に遊びに来てください!

無料体験レッスン

キッズプログラミング教室【アルスクール】では、自由が丘校・中野校・中野TCS校・恵比寿校・福岡西新校・オンライン校で、プログラミングレッスンを行っています。

通常レッスンに参加できる無料体験レッスンは、随時開催しています。

好きなモノを作り、子どもどうしがお互い刺激し合いながら、プログラミングスキルや非認知能力を伸ばしています。

この機会に、一度アルスクールの学びを体験してみませんか。