Scratch

Scratchを学べるプログラミング教室の選び方|子供の学びと成長のちがい

Scratch プログラミング教室(14)

Scratchは、小学校プログラミング教室で、教材としてとてもよく使われています

プログラミングが必修化された影響もあって、プログラミング教室は、2013年からの5年間で約6倍に増加し、2023年までの10年間で約15倍に増加するだろうと言われています。

このように、Scratchを学べるプログラミング教室は増えていく一方です。

 

でも、教室によってどう違うのかはよく分からないですよね。

Scratchやってみたーい!

ママ
ママ
でも、どこがいいのかよく分からないわね…。

そこで、今回は、Scratchが子供の教材として優れている理由と、プログラミング教室によるちがいについて、詳しく解説していきます。

 

Scratch(スクラッチ)がプログラミング教室で使われる理由

Scratch プログラミング教室(19)

Scratchは150か国以上で使われている

ScratchはMIT(マサチューセッツ工科大学)が開発したビジュアルプログラミング教材で、世界150か国以上で使われています。

主に、小学生・中学生向けの教材で、2020年に必修化された小学校のプログラミング教育でも使われています

Scratchでは、【10歩進む】【「こんにちは!」と言う】など、分かりやすい動作が書いたブロックを動かすだけで、キャラクターを動かしたり、しゃべらせたりできます。

Scratch プログラミング教室(17)

そのため、小学校低学年からでも楽しく学ぶことができるのです。

 

創造性を養える教材

Scratchを開発したMITのミッチェル・レズニック教授は、【Creative Learning】(創造的な学び)という教育理念を提唱しています

Scratchは、この【創造的な学び】が、継続的にできるように設計されています。

 

ミッチェル・レズニック教授の論文では、創造的な学びをするために必要なスパイラル①~⑤が紹介されています。

  1. 何を作るかを想像する(Imagine)
  2. 想像したものをつくる(Create)
  3. 自分で遊ぶ(Play)
  4. 友人や家族に共有したくなる(Share)
  5. 様々なフィードバックを得ることができる(Reflect)

①~⑤を繰り返す、このようなスパイラルを【Creative Learning Spiral(創造的な学びのスパイラル)】と言います。

Scratchでは、オンラインコミュニティ機能で他の人の作品、中のコードまですべて見ることができ、他の人にコメントしたり、他の人の作品をアレンジすることができます。

他の人と刺激し合い、より良い作品をつくっていくことによって、このようなスパイラルになるよう設計されているのです。

参照:media.mit.edu

 

Scratch(スクラッチ)を学べるプログラミング教室のちがい

Scratch プログラミング教室(16)

子供向けプログラミング教室で、Scratchを学べるところはとても多いです。

Scratchには、次のような子供向け教材として優れた点が多数あるからです。

  • 創造的思考を養うことができる
  • 無料でオンラインでもオフラインでも使える
  • 簡単なゲームやストーリーから、本格的なゲームやアニメーションまで作れる
  • オンラインコミュニティ機能が充実していて、オンライン上に作品が多数ある

ただ、教室によって、プログラミングスキルの向上を目指しているところ、一定レベルの作品を作れることを目標にしているところなど、様々です。

 

探究型キッズプログラミング教室【アルスクール】でも、Scratchのレッスンを行っています。

アルスクールのScratchを使ったレッスンでは、子ども達が自分で作りたいものを考え、試行錯誤して作品づくりをしています。

ここからは、「アルスクールでのScratchの楽しい学び」について、校長むらっちが解説していきます。

むらっち
むらっち
子供たちは、Scratchでおもしろい作品をたくさん作っていますよ。

 

アルスクールのScratchレッスン|好きなことで創造性を伸ばそう

Scratch プログラミング教室(15)

みんなでScratchを学び刺激し合う

むらっち
むらっち
アルスクールでは、プレゼン・フィードバックなどを通して、子どもどうしで学び、刺激し合うことを大切にしています。

Scratchを開発したMITのレズニック教授は、著書の中で、Scratchを試した11歳の少女について、次のように述べています。

スクラッチで作品を作っていたとき、彼女は新しいコンピューター科学の概念やスキルをはっきり学んでいたのです。とはいえ、私は、それがスクラッチ体験の中で最も重要な点だったとは思っていません。私にとって、最も印象的だったのは、創造的思考者としてそだっていった道筋でした

参照:ライフロング・キンダーガーデン_著ミッチェル・レズニック 

著書で紹介された少女は、大好きなアニメーションをScratchで作成し、他のメンバーと共鳴し合い、アニメーションを作り続けました。

そして、最終的に彼女が作成したプロジェクトは、オンラインコミュニティで12000件を超えるコメントを受け取るまでになりました。

 

アルスクールでは、ただScratchの機能を教えるだけではく、この元々あるScratchの設計思想のように、創造性を養えるようなレッスンを行っています

自分の興味・好奇心に基づいた作品を作り、レッスンの最後には、みんなの前で作品についてプレゼンテーションします。

むらっち
むらっち
工夫したのはどこ?

もっとおもしろくするにはこうしたらいいんじゃない?

そして、このようなフィードバックを受けることで、お互い刺激し合い、より良い作品作りをしています

そのため、講師が一方的に教えるだけでなく、子ども達どうしが相談やアドバイスをし合うことも大切にしています

アルスクールでは、このようにして創造的思考を養うようなレッスンを行っています。

 

アルスクールの考える創造性については、こちらの記事を参照してください。

子どもの創造力を鍛える8つの方法|自由な発想・チャレンジ精神を生かそう子どもの創造力を伸ばしたいと思う人は多いですよね。そこで、子どもの創造力を鍛える方法をたくさんの子どもを教えてきた経験をふまえて紹介します。まずは、創造性の基礎となる子どもが元々もつ発想力やチャレンジ精神を生かしましょう。...

 

【ゲーム作成・ストーリー作成・絵を描く・音楽を作る】など好きな分野を伸ばせる

アルスクールでは、Scratchを使って何を作るのかについて、強制することはありません。

むらっち
むらっち
できるだけ、自分の好きな作品が作れるようにサポートしていますよ

Scratchでは、ゲームを作ってみたい子もいれば、キャラクターのデザイン(絵)にこだわりたい子もいますし、音楽にこだわる子もいます。

ぼくは、Scratchでもっとすごい絵にしたい!

 

プログラミングやテクノロジーから大きく逸れていなければ、小学生の間はそれで充分です。

それに、無理に興味がないことをやらせるよりは、自分の好きなものを熱中して作らせてあげた方が継続できます

例えば、画像加工とかイラストにハマるなら、動きの部分はそんなにやらなくても、イラストレーターやPhotoshopなどを極めてもいいと思います。

小学生で興味持ってそういうソフトを使いだしていたら、中高生あるいは大学生になってプログラミングのテクニック習得が必要になっても、あっという間に習得できるからです。
(コンピュータと友達になってるので)

ただ、何を作りたいか分からない子には、興味があることをヒアリングしながら講師が適切にサポートします。

 

それでは、次の章からアルスクールの実際のレッスンについて、詳しく紹介していきます。

 

アルスクールのScratchレッスンと作品を紹介

むらっち
むらっち
Scratchレッスン例をいくつか紹介します。 

Scratchのレッスン例1:ゲームのアレンジ

Scratch プログラミング教室(1)

Scratchのレッスンは、小1くらいから始めます。

ただ、小1・小2くらいの子は、どんなものを作りたいのか想像したり、発言したりするのは難しいですよね。

むらっち
むらっち
今日は何をしたい?

うーん…。

そこで、アルスクールでは、スタッフや他の子たちが作ったScratchの作品をいくつか見せて、自分の作ってみたいものをアレンジするというレッスンを行っています。

Scratch プログラミング教室(3)

Scratchを始めたばかりの子には、次のような流れでレッスンを行うことがあります。

  1. 作ってみたいScratch作品を選ぶ
  2. 選んだScratch作品をそのまま作る
  3. 作った作品を一部アレンジする(背景・キャラクター・音楽を変えるなど)

 

<Scratchの作品例>

次のようなScratchゲームを最初に子ども達に見せます。

①むらっちのかおを変えろ
「おおきく」「ちいさく」「うずまき」などのボタンを押すと、むらっちの顔が変わるよ

 

②タコたたきゲーム
時間内に何回タコをたたけるかな?

実際に見せる作品は5個くらいで、まず、子ども達はそれぞれのゲームをScratchで動かして遊んでみます。

むらっち
むらっち
動かしてみたい人ー?

はーい!はーい!
Scratch プログラミング教室(2) Scratch プログラミング教室(4)

その上で、「これ作ってみたい!」というのを自分で選びます。

 

Scratchのレッスン例2:レジンで作ったものを紹介しよう

Scratch プログラミング教室(11)

女の子受けが良いScratchレッスンも紹介します。

女の子は、キラキラしたものやかわいいものが好きですよね。

Scratch プログラミング教室(6)
むらっち
むらっち
ゲーム作りより、かわいいもの作りや物語作りの方が好きな子も多いんですよね。

そのため、アルスクールでは、レジンを使ってかわいいジュエリー作りをし、それをスクラッチで紹介するというレッスンも行っています。

Scratch プログラミング教室(5) Scratch プログラミング教室(10)

この時のレッスンは、次のように行います。

  1. レジンでジュエリー作り
  2. 作ったものを、タブレットで写真に撮る
  3. パソコンにデータを送って、Scratchのページに取り込む
  4. Scratchで、ジュエリーを紹介する

①~④まで、小1でもすべて自分で行います。

Scratch プログラミング教室(9)

この前のレッスンでは、タブレットで写真に撮る方法を子どもどうしで教え合いました。(※教える練習になる。子供どうしで教え合う方がお互い伸びることも多い。)

Scratch プログラミング教室(13)

みんな、自分で作ったものを楽しそうに紹介してくれましたよ。

 

慣れてきたら自由に作品を創作しよう

アルスクールでは、ブロックの使い方に慣れてきたら、自由に作品を創作しています。

大体通い始めて3ヶ月くらいで学びの姿勢ができあがることが多いのですが、この時期になると、「テーマを決めて作りたくない」という子が増えます

むらっち
むらっち
今日何を作るか、まず決めて発表しようかー。

えー、むらっち。そんなのやらなくても作れるよー。

こんなやり取りもしばしば。

でも、学びの姿勢ができあがる時期になると、何を作るか決めない方が、よりすごい作品ができることが多かったのです。

これは、特に、創作意欲が高い子によくみられる傾向です。

 

子供たちは、自分の考えを言語化することが大人に比べて難しいです。

作る前に言語化してしまうことによって、作品の可能性を狭めてしまっているのです

そのため、アルスクールでは、子供たちが自由に作りたい場合は尊重し、創作イメージを劣化させないようにしています。

 

アルスクールキッズのScratch作品

アルスクールに通っている子のScratch作品を紹介します。

むらっち
むらっち
講師が細かく指示したのではなく、子供たちが自分で考えて作った作品ですよ。

 

①snake game(小4男の子)
矢印キーで操作、果物をたくさん取ろう(自分自身を食べちゃったら終わり)

>>中のコードを見てみる

 

②いろんな形を作ろう(小4男の子)

>>中のコードを見てみる

 

③クリスマスカード(小2女の子)
アルスクールのクリスマス会で作ってくれました

>>中のコードを見てみる

 

他にも、シューティングゲーム・アクションゲーム・クイズゲームなど、子供たちが作ったScratch作品はたくさんあります。

こちらのページで紹介していますので見てみてください。
>>アルスクールキッズの作品集はこちら

 

アルスクールのScratchレッスンを無料体験しよう|教室とオンライン

Scratch プログラミング教室(20)

アルスクールでは、自由が丘校とオンライン校の両方で、Scratchのレッスンを行っています。

Scratch プログラミング教室(12)

また、Scratch以外にもmicro:bit(マイクロビット)やレゴブーストなどの教材を使って、年齢や発達段階に合わせた楽しいレッスンをしています。

>>アルスクールのレッスンを詳しく見てみる

自由が丘校・オンライン校ともに、無料体験会を開催していますので、アルスクールの学びを一度体験してみてください。

Scratchのオンライン体験会の様子を紹介した記事です。こちらも参考にしてください。

オンラインレッスン小1小2 (15)
小1・小2のオンラインレッスンを始めました!Scratchで楽しく学ぼう5月よりオンラインレッスンを開講しました! 小1・小2の新規の子は、アルスクールの在校生とは別の日程でレッスンをしています。そして、少人数制で、一人ひとりのペースに合わせたレッスンを行っています。レッスン内容・子ども達の反応について詳しく紹介します。...
オンラインレッスン小3~小6(24)
小3・小4・小5・小6向けオンラインレッスン|創造性を伸ばすプログラミング授業小3・小4・小5・小6向けに、オンラインのプログラミングレッスンを始めました。レベルは様々ですが、少人数制で、一人ひとりのペースに合わせたレッスンを行っています。つくった作品をみんなの前で発表するなどして、お互いに良い刺激を受けられるレッスンをしています。...
ABOUT ME
むらっち
むらっち
村野智浩。探究型プログラミング教室アルスクール代表。探究学習などを学びながら、150名以上の子どもたちと学ぶ。チームラボでPM、スタートアップの技術顧問などを歴任のITスペシャリスト。東京大学工学部卒業。
入会金無料キャンペーン20208月(2)

キッズプログラミング教室【アルスクール】では、5月よりオンライン校を開講しました。

それにあたって、入会金無料キャンペーンを行います!

オンライン校・自由が丘校のどちらでも、通常10,000円の入会金が無料になります。

入会金無料キャンペーンは8月末までの期間限定です。

この機会に、無料体験会に参加して、アルスクールの学びを体験してみませんか。

オンライン校・自由が丘校ともに、無料体験会を随時開催中です。

詳しくはこちらをご覧ください。

入会金無料キャンペーンの詳細はこちら