コラム

DXとはどんな意味?どう変わる?デジタルトランスフォーメーションを解説!

私たちの身の回りにはパソコン・タブレット・スマートフォン・デジカメなど、デジタル化した端末がたくさんあふれています。

また、インスタグラムなどのSNS上でデジタル情報を送受信することも身近になりました。

こうした生活用品だけでなく、それらの生産工場や医療介護の現場でも各種機器にセンサーが取り付けられ、必要なデータを絶えずクラウド上でやりとりしています。

このように、社会全体をデジタル化する取り組みをデジタルトランスフォーメーションDX)と呼びます。

「ITの浸透が人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」というDXの考え方が、私たちの社会や教育分野を今後どのように変えていくかについて解説します。

 

デジタルトランスフォーメーションDXとは?言葉の意味を解説!

デジタルトランスフォーメーション(英: Digital transformation; DX)は「ITの浸透が人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念で、デジタルシフトと同様の概念です。

2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授によって提唱されたもので、DXにより情報技術と現実が徐々に融合して結びつく変化が起こるとしています。

DXはデジタルテクノロジーを駆使して生活のあり方やビジネスプロセスを「再構築」することです。

具体的には、既存のサービスやシステムにクラウドやAIなどを導入することによって、個人の生活や働き方、組織経営などを社会的に変革することを意味します。

 

デジタイゼーションとの違い

DXに似た言葉として、デジタイゼーション(Digitization)があり、これはアナログ情報をデジタル化するプロセスのことを意味します。

デジタイゼーションとDXとの違いはどのような点にあるのでしょうか。

デジタイゼーションが単にデジタル化技術を指すのに対し、DXはデジタル化によって起こる社会的変化を指します。

たとえば、カメラの例でいうと、2000年代にフィルムカメラがデジタルカメラに置き換わっていった現象がデジタイゼーションにあたります。

その後、2010年代に入り、デジカメやスマホで撮影された写真をSNS上で他人と共有する文化習慣が浸透しました。

このようなデジタル化による社会的な影響がDXにあたります。

 

なぜ今デジタルトランスフォーメーションDXが注目されているのだろうか?

デジタル化による生産性向上に伴い、国内企業は過酷な国際間競争にさらされています。

2018年に経済産業省は、「もしDXが進まなければ2025年以降、最大で年間12兆円の経済損失が生じる可能性がある」と警告するレポートを出しました。

2025年には多くの企業がもつレガシーな基幹システムが老朽化・肥大化し、先端技術人材と古い技術をもつプログラミング人材の供給が同時に不足するといわれており、政府はこれまでにない危機感を募らせているようです。

参照:デジタルトランスフォーメーションに向けた研究会の報告書_経済産業省 https://www.meti.go.jp/press/2018/09/20180907010/20180907010.html

 

デジタルトランスフォーメーションDXを実現するテクノロジー

DXを実現するためには、PCやセンサーなどのハードウェアやソフトウェア、インターネットやクラウドネットワークなど情報処理分野におけるあらゆるテクノロジーが必要になります。

これらの基礎技術に加え、近年発展し、大きな将来性をもつ技術にIoTAI5Gがあります。

AIはネットワークの自律的な動作に、IoTと5Gはより網羅的で情報伝達量の高いネットワーク形成にそれぞれ欠かせない最先端技術です。

最先端技術の導入によって、病院、学校、家庭、企業、交通網などの既存インフラのスマート化が可能になり、医療介護・教育・ビジネス・交通などの分野において新たな社会基盤となるデジタルネットワークが実現します。

以下で各技術について説明します。

 

IoTとは?Internet of Things

IoTは「Internet of Things(=モノのインターネット)」の略称です。

PCやスマートフォンなどの従来型の通信端末を除いて、ありとあらゆる「モノ」がインターネットとつながる仕組みや技術のことを指します。

例として、病院の医療機器や、工場のセンサー、車載カメラや交通信号などの周辺機器がネットワークと接続することでIoT化します。

データをクラウド上で一元管理できるため、DXが目指す生産性やサービス向上につながります。

 

AIとは?Artificial Intelligence

AIは「Artificial Intelligence(=人工知能)」の略称です。

従来のテクノロジーでは、人間が学習方法を逐一プログラミングしたソフトウェアやハードウェアが効率化やサービスを実現してきました。

近年のAI技術の進歩によって、ソフトウェアやハードウェアが自律的に学習できるようになり、変化する状況に応じて柔軟に対処することが可能になります。

DXが目指す生産性やサービスの向上に今や欠かせない技術のひとつです。

 

5Gとは?

「5G」は通信規格の名称で、国際電気通信連合が定める「第5世代移動通信システム」の略称です。

「G」は「Generation(=世代)」の略称です。従来の4G規格がより高速に進化したもので、日本では2020年春に導入されました。

DXの観点からは低遅延性が大きな利点です。

5G技術をセンサーなどのIoT機器に導入することで、医療システム・自動運転技術・警報システムなどでエッジコンピューティング実現への貢献が期待されています。

 

デジタルトランスフォーメーションDXで何が変わる?

DXで社会はどう変わるのでしょうか?

時代遅れのシステムのために、組織がもつ膨大なビッグデータを活かせないことは大きな損失です。

DXによりデジタル化競争に組織がキャッチアップできるようになります。

今後、モバイル端末のビジネス利用や、5Gなど大容量高速通信時代の到来、さらにデジタル市場の急速な拡大によって、社会が扱うデータ量は爆発的に増えると予想されています。

こうした中、伝統的な仕組みを早急にデジタル技術で作り替えることで、予想外の変化にも柔軟に対応できるようになります。

また、昨今のコロナ禍でオンライン授業やリモートワークのスタイルが導入されたのはDXの好例です。

教育改革や働き方改革の推進にもDXは強い味方となるでしょう。

入会金無料キャンペーン20208月(2)

キッズプログラミング教室【アルスクール】では、5月よりオンライン校を開講しました。

それにあたって、入会金無料キャンペーンを行います!

オンライン校・自由が丘校のどちらでも、通常10,000円の入会金が無料になります。

入会金無料キャンペーンは8月末までの期間限定です。

この機会に、無料体験会に参加して、アルスクールの学びを体験してみませんか。

オンライン校・自由が丘校ともに、無料体験会を随時開催中です。

詳しくはこちらをご覧ください。

入会金無料キャンペーンの詳細はこちら