プログラミング教育

小学生でも受けられる日商プログラミング検定とは|試験内容やレベルを徹底解説

日商プログラミング検定3

この記事では、日商プログラミング検定についてサンプル問題とともに紹介します。

プログラミングのスキルといっても、見ているだけではなかなか判断しにくいですよね。

しかし、日商プログラミング検定は子どもでも受験することができるので、お子さんがどこまで理解しているかを知ることができます。

検定で使われているScracthというプログラミング言語は、小学生でも楽しみながら扱えるので、プログラミングの基本を学習しながら、試験を目指してみてはどうですか。

 

日商プログラミング検定とは

日商プログラミング検定1

日商プログラミング検定とは、情報技術の基盤となるプログラミングスキルの学習を支援するために始まった検定です。

IT社会が進み、小学校でもプログラミング教育が必修化されました。

これからを生きていくためには、プログラミングは身につけておくべき必須のスキルです。

それにともない、日商プログラミング検定では、これからのIT人材の育成を支えることを目標とし、初心者でも受けられるレベルから、実践的なレベルまで、学習進度に合わせて、4つのレベルで受験できるようになっています。

基本的な知識問題だけではなく、レベルが上がると、実際にプログラミングの課題によって判定する実技試験も出題されます。

 

日商プログラミング検定の4つのレベル

日商プログラミング検定2

日商プログラミング検定は、「ENTRY」「BASIC」「STANDARD」「EXPERT」の4段階に分かれています。

それぞれのレベルを、問題と合わせてみていきます。

ENTRYの試験概要

ENTRYは、最も基本的なレベルの試験です。

「Scratch」というプログラミング言語によるプログラミングやプログラミング的思考力が問われます。

Scratchは、世界中の子供たちが使っているプログラミング言語で、マウスを動かして、ブロックをつなぎ合わせながらプログラムを組んでいきます。

たとえば、猫の絵が出てきて、その猫を指示通りに動かすためには、どのような順番で、どの指示を実行すればいいかを、実際にプログラミングすることができます。

試験範囲には、操作や名称に関する問題、プログラミング的思考を問う問題とともに、ネットリテラシーやモラルについても出題されているところが特徴的です。

100点分の知識問題が出題され、70点以上で合格です。

>> ENTRYサンプル問題

 

BASICの試験概要

ENTRYの次のレベルの試験が、BASICです。

社会人として必要とされるプログラミングに関するITの基本知識や簡単なアルゴリズムが身についているかどうかが確認できる内容になっています。

過去に少しプログラミングをやったことがある人や、将来的にプログラミングに関する仕事に就こうとしている人が対象となります。

そのため、BASICでは、プログラミング言語を問いません。

BASICも知識問題のみで構成されていて、70点以上で合格になります。

>> BASICサンプル問題

 

STANDARDの試験概要

STANDARDは、企業においてIT化を先導できるレベルのプログラミングスキルを習得している人に向けての試験です。

レベルとしては、高校、大学、専門学校などで習得できるプログラミング学習の理解度が図られます。

ここからは上位試験となるため、実際にプログラミングの課題に取り組むことになります。

また、プログラミングで使われる言語は、これまで、Java、C言語、VBA 、Pythonの4種類です。

STANDARD以上の試験では科目合格制度が設けられています。

知識問題を70点以上と、実技問題3問を完答すると合格ですが、仮に知識問題のみ合格した場合、次回以降に実技問題のみを受験することができます。

実技試験は、三平方の定理や度数分布表、約数など、高校までに学習内容にからめた課題になっています。

基本的な学習と、プログラミングの両方をからめて使えることが必要です。

>> STANDARDサンプル問題

 

EXPERTの試験概要

EXPERTは、プログラマーとしての基本能力を問うレベルになっていて、日商プログラミング検定の中では最も難易度の高い試験です。

言語も、Java、C言語、VBAの3種類に加えて、2020年10月からAIで使われるPythonを追加して、4種類になります。

仕様書を読んでソフトウェアを作れるなど、実際のIT企業のニーズに応えられるスキル、IT企業での採用条件として活用されるレベルを要求されています。

実技課題も、LEDを使った問題や、効率よく最短ルートを選ぶなど、テーマが企業での課題や実生活で求められる問題になっている点からみても、IT企業での人材育成の観点から出題されているといえるでしょう。

EXPERTも出題傾向や合格ラインはSTANDARDと同じで、科目合格制度もあります。

>> EXPERTサンプル問題

日商プログラミング検定を取得するメリット

日商プログラミング検定4

日商プログラミング検定は、子どもにとっては、モチベーションのアップにつながります。

学んだこと、練習したことがそのまま結果に反映されるため、プログラミングを学ぶ上での目標にするといいでしょう。

大人にとっては、複数のプログラミング言語を学ぶためのきっかけになります。

IT人材の需要は、これまで以上に高まります。

そのため、1つだけの言語ではなく、複数の言語に精通していることが求められるのは間違いありません。

日商プログラミング検定を受験・合格することで、より実践的なスキルを身につけることができますね。

 

小学生が受けるならENTRYがおすすめ

日商プログラミング検定5

小学生が日商プログラミング検定を受けるなら、まずはENTRYがオススメです。

ここでは、ENTRYで使われているScratchと、試験対策について解説します。

 

Scratchは小学校のプログラミング教育でも使われている

Scratchは、小学校のプログラミング教育でも実際に使われている言語です。

画面に出てくる猫のキャラクターを思い通りに動かせるように、指示を与えていきます。

たとえば、猫の動きを正六角形にしようとするために、何度でカーブさせるか、どの方向に動かすべきか、どれだけ進めるか、などを適切な順番で、ひとつずつ指示していきます。

実際に画面を見てやるだけでなく、正六角形の形や角度の大きさをグループワークや全体学習の中で確認して、学んだ内容をプログラミングで使うため、学んだ知識をプログラミングで生かす方法を体験できます。

 

ENTRYの試験対策方法

ENTRYの試験を受けるなら、しっかりと対策しましょう。

実際にScratchに取り組んでみるのはもちろんですが、その上で、次の2種類の学習が有効です。

  1. 本で勉強する
  2. サンプル問題を解く

まずは、Scratchに触れると同時に、本を見ながらやり方を学習しましょう。

オススメは【できるキッズ 子どもと学ぶScratch3プログラミング入門】です。

Scratchに特化した解説本で、子どもはもちろん、プログラミングをやったことのない保護者にもわかりやすい内容になっています。

音を鳴らしたり、自動車を動かすといった基本的なプログラミングから、シューティングゲームやクイズ、幾何学模様を作るなど、Scratchでできるさまざまな種類のプログラミングを楽しめます。

Scratchに慣れていく過程で、プログラミングのしくみをしっかり学べる教材です。

Scratchの動かし方や指示の出し方が、本を見なくてもできるようになったら、試験のサンプル問題を解いてみましょう。

日商プログラミング検定のHPには、ENTRYの試験のサンプル問題が掲載されています。

最初はゆっくりでいいので、まずは子どもに1人で取り組ませてください。

そして、できなかった問題は、Scratchを使いながら復習しましょう。

プログラミングは見ているだけでは身につきません。

頭と体で、徹底的に覚え込んでください。

 

日商プログラミング検定の基本情報|申込方法から受験日まで

日商プログラミング検定6

では、日商プログラミング検定を実際に受験するには、どのような手続きが必要なのでしょうか。

次は、検定の申し込み方法から受験までの流れを解説します。

 

ネット試験で受験

試験はネット受験になりますが、自宅での受験はできません。

商工会議所が指定した「商工会議所ネット試験会場」に行って受験します。

商工会議所のHPに、試験を行っている会場のリストが地域ごとに載っているので、そこから会場を選んでください。

 

試験日程

試験日程は、受験会場ごとに任意の日程を指定しています。

会場によって、隔週だったり、毎月だったり、受験生の希望に応じてくれる会場があったりと、実施状況が異なります。

そのため、日程については各会場に問い合わせてください。

 

申し込み方法

会場と日程を確認したら、試験に申し込みましょう。

インターネットで申し込みを受け付けている会場もありますが、電話で直接申し込むところ、窓口で受け付けをする会場もあります。

また、申込期限も会場によって異なりますので、会場に確認してください。

 

受験日に持参するもの・持ち込み禁止のもの

本人確認があるので、氏名・生年月日・顔写真がすべて確認できる身分証明書を用意しましょう。

また、ネット試験ではパソコンを使って、自分の氏名や住所を入力することになりますので、キーボードでの入力の練習もしておいてください。

試験中、メモや計算をすることはできません。

そのため、筆記用具やメモ用紙の持ち込みは禁止されています。

 

合否の判定基準

ENTRYとBASICは、100点分の知識問題が出題され、70点以上で合格です。

STANDARDとEXPERTは、知識問題で100点中70点以上を取り、かつ実技試験のプログラミング課題3問を完答すれば合格となります。

合否は、試験が終わればその場で通知されます。

 

小学生ならジュニアプログラミング検定もおすすめ

日商プログラミング検定7

実は、Scratchを使った実技試験を実施している試験があります。

それがジュニアプログラミング検定です。

初級レベルから順に、Entry(4級)、Bronze(3級)、Silver(2級)、Gold(1級)の4つがあり、試験では実際にプログラミング問題が与えられ、指示通りに作る問題と、自分のオリジナルのアイディアを説明する「アレンジ問題」の出題があります。

そのため、なんらかの仕組みのプログラミングを考え、それを書いて伝える能力が評価されるため、独自の発想としっかりした表現力が試されます。

全国の学習塾やプログラミング教室など、教育機関で受験できるので、こちらもチェックしてみてください。

Scratchを使って、自分でプログラミングができる人にはオススメです。

こちらの記事に、ジュニアプログラミング検定についてまとめた記事がありますので、こちらも参考にしてみてください。

ジュニアプログラミング検定 (4)
ジュニア・プログラミング検定の対策法|公式テキストや過去問を活用しよう子供向けの、ジュニア・プログラミング検定が注目されています。小学校でのプログラミング必修化もあって、受験数が増加しています。そこで、検定の概要や試験内容・対策方法を詳しく紹介します。...

合格を目的にしてはいけませんが、このように試験を受けることで、目標が生まれ、本人のやる気もアップします。

合格すれば喜びをかみしめ、さらに頑張ろうという気持ちになることでしょう。

 

キッズプログラミング教室【アルスクール】でも、より面白く、よりすごいプログラミングを作ろう、と子どもたちは夢中になっています。

アルスクールでは、5月からオンラインレッスンを始めました

オンラインレッスンの内容・子ども達の反応については、こちらの記事をご覧ください。

オンラインレッスン小1小2 (15)
小1・小2のオンラインレッスンを始めました!Scratchで楽しく学ぼう5月よりオンラインレッスンを開講しました! 小1・小2の新規の子は、アルスクールの在校生とは別の日程でレッスンをしています。そして、少人数制で、一人ひとりのペースに合わせたレッスンを行っています。レッスン内容・子ども達の反応について詳しく紹介します。...
オンラインレッスン小3~小6(24)
小3・小4・小5・小6向けオンラインレッスン|創造性を伸ばすプログラミング授業小3・小4・小5・小6向けに、オンラインのプログラミングレッスンを始めました。レベルは様々ですが、少人数制で、一人ひとりのペースに合わせたレッスンを行っています。つくった作品をみんなの前で発表するなどして、お互いに良い刺激を受けられるレッスンをしています。...

そして、オンラインレッスンの前に、新規のお子様には、無料体験会に参加していただいています。

先日行った無料オンライン体験会の様子はこちらをご覧ください。

オンライン体験会 (1)
【オンライン体験会】を開催!体験会の内容と子供たちの反応新型コロナウイルスの影響で、アルスクールもレッスンのオンライン化への切り替えを進めることにしました。そこで、先行してお問い合わせいただいた方にオンラインでの体験会を開催しました。今回は、体験会の内容や参加してくれた子ども達の反応について詳しく紹介します。...

また、6月より自由が丘校も再開しており、教室での無料体験会も開催中です。

入会金無料キャンペーン7月

キッズプログラミング教室【アルスクール】では、5月よりオンライン校を開講しました。

それにあたって、入会金無料キャンペーンを行います!

オンライン校・自由が丘校のどちらでも、通常10,000円の入会金が無料になります。

入会金無料キャンペーンは7月末までの期間限定です。

この機会に、無料体験会に参加して、アルスクールの学びを体験してみませんか。

オンライン校・自由が丘校ともに、無料体験会を随時開催中です。

詳しくはこちらをご覧ください。

入会金無料キャンペーンの詳細はこちら