オンラインプログラミング

リハーサルを希望!積極的に行ったプレゼンテーション会【オンライン校】

オンラインレッスン202206 (3)
さわっち
さわっち
こんにちは!オンライン校校長のさわっちです。

アルスクールでは、3ヶ月に1回プログラミング作品のプレゼンテーションを行っています。

今日は、オンライン校に最近入会した、小4の女の子のプレゼンテーションを紹介します。

4月に入会したこの生徒は、今回が初めてのプレゼンテーションでしたが、とても前向きに取り組んでくれました。

 

小4女の子のプログラミング作品【オリジナルクイズ】

まず、プレゼンテーションに使う作品を選びました。それがこの作品です。

内容は、オリジナルクイズ。

LV1~LV3まで3問あり、正解の場合はチェックを、間違いの場合はバツを押します。

オンラインレッスン202206 (6)

正解すると、シーンが変わります。

オンラインレッスン202206 (3)

2問目以降は、正解すると左上のカウントが1ずつ増えるように!

オンラインレッスン202206 (4)

間違うとすぐに、ゲームオーバーの画面が出てクイズは終了。

オンラインレッスン202206 (5)

GAME OVERの字を工夫したり、細かいところまでこだわったおもしろい作品を作ってくれました!

 

リハーサルで準備万端のプレゼンテーション

この日は、初めてのプレゼンテーションに向けて、時間をかけて原稿の準備を進めました。

オンラインレッスン202206 (7)

準備ができた後、生徒からスタッフに「プレゼンテーションのリハーサルをやりたいです!」という申し出がありました。

オンラインレッスン202206 (2)

この日は2名のスタッフがオンラインレッスンに参加していたので、1名のスタッフとブレイクアウトルーム(Zoom上の個室のような場所)に移動し、リハーサルを行いました。

練習の成果でしょうか!

プレゼンテーション本番では、素晴らしい発表を披露してくれました。

すべて自分の言葉で表現されたプレゼンテーションは、作品の中身だけでなく、この作品を作った時の気持ちや、工夫した点がしっかりと伝わってくるものでした!

じっくりと時間をかけて準備したプレゼンテーションは、人を惹きつけるのでしょう。

教室の生徒もとてもしっかりと発表を聞いていました。

プレゼンテーションが終わると、3ヶ月の成果に対する認定カードを配りました。

この生徒には3枚贈りましたが、そのうちの1枚がこれです。

オンラインレッスン202206 (1)

この生徒にふさわしい認定カードです

これからも、プログラミング作品の創作や発表に、前向きに取り組んでいけるようサポートしていきます。

>>オンラインの子ども向けプログラミング
【アルスクール】

無料体験レッスン

キッズプログラミング教室【アルスクール】では、自由が丘校・中野校・中野TCS校・恵比寿校・福岡西新校・オンライン校で、プログラミングレッスンを行っています。

通常レッスンに参加できる無料体験レッスンは、随時開催しています。

好きなモノを作り、子どもどうしがお互い刺激し合いながら、プログラミングスキルや非認知能力を伸ばしています。

この機会に、一度アルスクールの学びを体験してみませんか。