教育

[プログラミング教育] プログラミングで思考力は伸びるのか

プログラミング教育に期待するのは論理的思考力!?

以前、アルスクールでアンケートを取った際に、プログラミング教室に期待するものとして一番多かったのが論理的思考力でした。

プログラミングというとロジカルに学ぶイメージが強いのでしょう。
それでは、プログラミングと論理的思考力にどのような関係があるのでしょうか。

まず、論理的思考力とは何なのか考えていきましょう。

論理的思考力とは?

プログラミング教室に期待する論理的思考力とはどのようなものでしょうか?物事をしっかり考えて、それを説明できるスキル、例えば、下記のようなイメージかと思います。

  • 考えていることを言葉や図で分かりやすく説明する
  • 大きな課題を細分化して1つずつ解決していく
  • いくつかの選択肢から優劣を判断して選択する
  • 集めたデータを分類し分析する

 

日本人は論理的思考が苦手?

以前、東大の教授が「大人向けのロジカル・シンキングの本は、アメリカに比べて日本が圧倒的に多い。アメリカではロジカル・シンキングは子ども向けの本ばかり」とおっしゃっていました。

また、日本の子どもたちは、計算力が高い一方、文章問題が苦手だとも言われています。PISA(国際学力調査)の結果でもその傾向が出ています。

そうすると1つの可能性として、子どものうちに、論理的思考力を鍛えてないから、大人になっても学ぶ必要がある。子どものうちは計算力に偏った学びになっている、と言えるかもしれません。

※計算力も大切です。

 

思考力を伸ばすには?

思考力を伸ばすにはどうしたらいいでしょうか?下記記事に考えをまとめてみました。ご一読ください。

[キッズ教育] 子どもの思考力を伸ばすには?算数の文章問題や応用問題が得意になるために 計算は得意だけど、文章問題でどの公式使っていいか分からない。問題の(1)、(2)は解けるけ...

プログラミングは思考力を鍛える

前置きが長くなりましたが、プログラミングで思考力が身につくのでしょうか?

僕は身につくと考えています。理由を書きます。

プログラミングは思考を表現したもの

プログラミングは、「やりたいこと」をコンピュータにやらせるための命令です。つまり、プログラミングすることとは、「思考したものをプログラミングで表現する」ことです。まず思考をしないとプログラミングができません。

当てずっぽうでなく、きちんと考えてプログラミングすれば、それはまさに思考を鍛えているといえるでしょう。

考えた結果が合っているかすぐ分かる

プログラミングは、実行すれば、考えが合っていたかどうかすぐ分かります。そして修正してすぐ再チャレンジできます。試行錯誤を超短時間で繰り返せるのです。

うまく行かなかったらどこがいけなかったのか考える。どう直したらいいのか考える。そしてまた試す。そのプロセスを繰り返すのにプログラミングは非常に適したツールです。

知ったことを再構築することで思考を深める

やってみてうまく行った!あるいは友達のを真似したらうまく行った!それで終わるのではもったいないです。改めて一からやってみたり、応用してみましょう。

プログラミングは、他の子のやっているものを再利用して応用しやすいです。子どもも他の子の影響を受けやすく、かつそれを自分でカスタマイズしたがります。その過程で、子どもは一生懸命、自分の中で解釈して、知るだけじゃなく自分でプログラミングしてみて、もっとおもしろいことをやりたい!とチャレンジします。

知識を聞くだけでなく、自分でやってみる。そのプロセスはとても大切です。

何よりプログラミングは子どもが好き

将棋や(知育などの)パズルでも、論理的思考力は伸びるでしょう。子どもが好きになって自ら没頭すれば、なおさら効果は高いと思われます。

プログラミングも、そういうものの1つと考えていいと思いますし、別に知育でなくても、公園遊びやスポーツで、「なんでだろう?」を繰り返していけば非常に素晴らしい学びになります。

ただ、絵やロボットが動いたり、自分でやったことが反映するプログラミングは、子どもが非常におもしろがってチャレンジします。子どもはプログラミングが好きなんです。

プログラミングは非常に頭を使いますが、子どもが喜んで取り組みます。それもプログラミングのメリットでしょう。

ただ、暗記するのでは意味がない

プログラミングはきちんと考えて学べばよいツールです。ただし、ただプログラミングの方法を答えを見て暗記して、やみくもにやってみても、効果は薄いです。(*)

算数で計算力だけ伸ばしても、公式を暗記しても、思考力が身につかず応用問題が解けないのと一緒です。

(*) 学習初期に、面白い!なんでこうなるの!?と興味喚起するための導入としてはありだと思います。

新しい学びとしてのプログラミング

保護者の方々が子どもだったときにはなかったプログラミング教育。でも小学校でも必修化していくということは、それが意味があるということとも言えます。

ぜひ新しい学びとして、プログラミングのメリットを考えてみて、学びに取り入れるか検討してみてはいかがでしょうか。

[キッズ教育] 子どもの思考力を伸ばすには?算数の文章問題や応用問題が得意になるために 計算は得意だけど、文章問題でどの公式使っていいか分からない。問題の(1)、(2)は解けるけ...
学びの中で思考する様子も合わせてどうぞ
[自由が丘] レゴBOOSTでライトで探究アルスクール自由が丘校で、レゴBOOSTを使って学ぶ1コマです。 最初はクルマを走らせていたんですが、だいぶ自在に操れるようになっ...
ABOUT ME
むらっち
むらっち
村野智浩。探究型プログラミング教室アルスクール代表。探究学習などを学びながら、150名以上の子どもたちと学ぶ。チームラボでPM、スタートアップの技術顧問などを歴任のITスペシャリスト。東京大学工学部卒業。
アルスクールの
1dayサマーキャンプ

アルスクールは、自由が丘、中野にある小学生、中学生、幼児(年中、年長)向けのプログラミング教室。プログラミングを使った創作活動を通じて、子どもたちの学びたい意欲を引き出す学び場です。夏休みに1dayサマーキャンプを多数開催!ぜひ一度体験してください。

1dayサマーキャンプをチェック