プログラミング教材

プログラミングおもちゃ人気6選|子どもが飽きずに学べる使い方とは

プログラミング おもちゃ(1)

2020年に小学校でプログラミングが必修化されることもあり、プログラミング、という言葉を聞く機会も増えたかもしれません。

習い事としてのプログラミングも最近は、英会話やスイミングなどと並んで人気の習い事になっていますよね。

でも、プログラミングってよく聞くけど、実際どういうことを学ぶのかがイメージわかない。こどもが好きになるかも分からない。という保護者の方も多いのではないでしょうか。

そんな場合にはプログラミングを学べるおもちゃで遊んでみてはいかがでしょうか?

最近はプログラミングを、楽しみながら学べるおもちゃがたくさんあります。プログラミングトイとも呼ばれています。

そこで、今回は年齢別におすすめのプログラミングおもちゃと、おもちゃでプログラミングを学ぶ場合の注意点などについて書いてみます。

 

【プログラミングおもちゃ】って何?

プログラミング おもちゃ(6)

プログラミングおもちゃとは、「おもちゃで遊ぶことでプログラミングやプログラミングに必要となる論理的な思考を学ぶことができる知育玩具のことです。

プログラミングトイとも呼ばれています。

最初から「プログラミングを勉強しよう!」と机やパソコンに向かうのではなく、おもちゃを使って遊びながら学ぶことで、こどもたちは楽しくその世界に入っていくことができます。

最近はプログラミング学習への注目度が上がっていることもあり、さまざまな種類のプログラミングおもちゃが販売されています。

日本製のものだけでなく、海外製のものもあり、デザインもとてもかわいいものも多いので、きっとお子様が気にいるおもちゃが見つかるはずです。

 

プログラミングおもちゃで身につく能力

プログラミングおもちゃで遊ぶとどういう能力が身につくのか。
とても気になる点ですよね。

プログラミングおもちゃは、論理的思考を育てるのに、とても良い教材です。

 

プログラミングおもちゃは、基本的に「自分で作ったプログラムにしたがっておもちゃが動く」ものが多いです。

子どもたちはまず、自分でおもちゃにどういう動きをさせたいか、を考えます。

いわゆる「設計」です。今度はその「設計」に従って、プログラムを組んでいきます。

そして実際に動かすと・・思ったように動いたり、全然違う動きをしたり。

プログラムは、いくつかの「ロジック」を組み合わせて作るので、この「ロジック」がこういう動きをさせるのだな。
とか、この「ロジック」に設定した値が大きすぎたから思ったように動かなかったのだな。などと考えて、またプログラムを組み直したり設定値を変更したりします。

これはまさしくプログラミングで必要となる思考です。

論理的に考え、結果を分析し、また論理的に考えるという脳の使い方を、自然に行えるような能力がついていきます。

 

4歳・5歳におすすめのプログラミングおもちゃ3選

キュベット

プログラミング教室【アルスクール】でも幼児クラスの教材として使用しているプログラミングおもちゃです。

プログラミング おもちゃ (1)

コーディングブロックを組み合わせ、キュベットの進み方を決めていきます。

スタートからゴールまで、キュベットが思い描いた道を通ってくれるかな?

コーディングブロックひとつひとつを完全に理解していないお子様も、感覚で覚えられるのが特長です。

プログラミング おもちゃ (1) (2)

自分の描いたキャラクターをキュベットに貼り付けて動かして、楽しんでいます♪

子どもたちは教えられて覚えるのではなく、体験からプログラミングを学んでいきます。

>> 公式サイト

 

はじめてのプログラミングカー


キュベットと同じくマップを使って移動するのですが、動くのはくるまです。

くるまの通る道を決め、それを実現する「めいれいカード」を作ります。

障害物を置いたり、通ってはいけない場所を決めて難易度をあげていくと、こどもたちも楽しんでマップ上にくるまを走らせることができます。

くるまが好きなお子様にはおすすめのプログラミングおもちゃです。

>>公式サイト

 

コーディングロボット ボットリー


ロボットのボットリーを動かすプログラムを考えるおもちゃです。

用意されているロジックは上記2つよりもう少し複雑です。

拡張のための関連商品のラインナップも揃っており、よりプログラミングに必要とされる思考でボットリーをどう動かすかを考えられるものになっています。

>> 公式サイト

 

6歳・7歳・8歳におすすめのプログラミングおもちゃ3選

レゴ®

プログラミング おもちゃ (3)

レゴ®にはたくさんのプログラミング学習ラインナップがそろっています。

レゴ®を使った学びの場であるレゴ®スクールも全国展開されており、通われている方も多いのではないでしょうか。

アルスクールでもレゴ®を教材として取り入れています。

 

プログラミングを学ぶおもちゃとして人気なのはレゴブーストです。

組み立てたレゴを思い通りに動かしてあそべます。

プログラミング おもちゃ (4)

レゴブーストは無料アプリを使って、だれでも簡単にプログラミングがまなぶことが可能です。

アプリは直感的にわかりやすいインターフェースになっているので初めてのお子様でもすぐに使いこなせると思います。

ロジックのパーツはかなりたくさん用意されているので、複雑な動きもさせることができます。

プログラミングおもちゃとして、とても楽しく学びながら遊べる商品です。

>> 公式サイト

 

IQKEY


IQKEYはロボットです。

ロボットを自分で組み立てて完成させ、そのロボットを自由自在に動かすことができます。

パーツを組み立てて自分好みのロボットをつくりあげることができ、完成したロボットを動かしてミッションにチャレンジします。

自分でロボットを作りだせる「ものづくり」の楽しさと、それを動かすために必要な「プログラミング」の要素を両方楽しむことができます。

ロボットが好きなお子様にはおすすめの商品です。

>> 公式サイト

 

マインクラフト


プログラミング要素を取り入れたゲームです。

プログラミングを学ぶ子どもに人気の教材にもなっています。

子どもたちはマインクラフトの世界を探検して、採取した資源を使ってその世界の中で生活することもできます。

また、自由に建築などの街づくりをしたりする「ものづくり」も行えます。お子様の想像力により、様々な楽しみ方ができます。

このゲームでは、プログラミングを使うことでより自由度高くものづくりができます。

ゲームをしながら「ものづくり」と「プログラミング」を学べるので、とても人気の高いゲームです。

> 公式サイト

 

プログラミングおもちゃ|玩具としての楽しさは飽きる

プログラミング おもちゃ(5)

一方で、プログラミングおもちゃを使った学びにも気をつけないといけない点があります。
レゴ®を使った学びを例にします。

プログラミング教材としてレゴ®を用いる教室は多いと思います。

プログラミング教室【アルスクール】でもレゴブーストを使います。

 

ただ、レゴで学びとしての継続性あるカリキュラムをつくるのが実はすごく難しいのです。

自由な創作ではなく、教科書に沿ってドリル的に学ぶのは楽ですが、アルスクールの目指す学びはそれではありません。

 

子どもはレゴが好きで、動くのが楽しく、初回レッスンなどの導入としてはすごく楽です。

でも、そこで感じる面白さは、プログラミングや創造の面白さではなく、玩具としての楽しさである場合が多いです。(特に小学校低学年は傾向が顕著です。)

そこから2,3ヶ月経つとどうなるか。

飽きます

 

その期間で、玩具ではなく、創造・学ぶことの面白さに転換していかなければ本当の意味でのプログラミングの楽しさは味わえないのです。

プログラミングおもちゃは、玩具としてのクオリティが高いからこそ、それがむしろ創造・学ぶことの面白さに導くのが難しくなる可能性も併せ持っているのです。

 

これは、レゴに限らず、Code Monkeyなどのゲーミフィケーションを用いた教具でも同様です。

導入部でゲーム感覚でクリアできる分にはいいのですが、難しくなると、学ぶ姿勢が作れていないと学習意欲が落ちてしまいます。

 

プログラミングを教室で学ぶメリット

プログラミング おもちゃ(7)

プログラミングの世界を体験するのに、プログラミングおもちゃはとても有効です。

機能も多様で、いろいろなロジックを組み合わせることで、無限に動きを作り出せるものもあります。

しかし、遊び方によっては、ただおもちゃとして向き合い、飽きてしまう、という可能性もあります。

 

キッズプログラミング教室【アルスクール】では、おもちゃを使ったカリキュラムも用意していますが、教室で教えているのは「創造すること、学ぶことの面白さ」です。

刺激的に面白いおもちゃを使わなくても楽しめる世界が広がるよう、いろいろなカリキュラムを通して、プログラミングの本当の楽しさを感じられるようになっていきます。

 

プログラミングおもちゃまとめ

プログラミングおもちゃは、とても魅力的で様々な種類があり、年齢やお子様の個性に応じてたくさんの選択肢が用意されています。

遊び方も様々です。

基本的なプログラミング的思考をベースに遊ぶので、プログラミングに必要な能力は磨かれていきますが、それを継続的に楽しみながら遊び続ける方法も考えることが大切です。

 

プログラミングおもちゃを買いたいけど、飽きずに遊べるかな?とか、すでにおもちゃで遊んでいるけど飽きてきているのでは?というようなお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度アルスクールに遊びに来てみてください。

 

アルスクールは5月よりオンラインレッスンを始めました!

オンラインレッスンの内容・子ども達の反応については、こちらの記事をご覧ください。

オンラインレッスン小1小2 (15)
小1・小2のオンラインレッスン|Scratchで楽しく学ぼう5月よりオンラインレッスンを開講しました! 小1・小2の新規の子は、アルスクールの在校生とは別の日程でレッスンをしています。そして、少人数制で、一人ひとりのペースに合わせたレッスンを行っています。レッスン内容・子ども達の反応について詳しく紹介します。...

 

そして、オンラインレッスンの前に、新規のお子様には、無料体験会に参加していただいています。

先日行った無料オンライン体験会の様子はこちらをご覧ください。

オンライン体験会 (1)
【オンライン体験会】を開催!体験会の内容と子供たちの反応新型コロナウイルスの影響で、アルスクールもレッスンのオンライン化への切り替えを進めることにしました。そこで、先行してお問い合わせいただいた方にオンラインでの体験会を開催しました。今回は、体験会の内容や参加してくれた子ども達の反応について詳しく紹介します。...
ABOUT ME
むらっち
むらっち
村野智浩。探究型プログラミング教室アルスクール代表。探究学習などを学びながら、150名以上の子どもたちと学ぶ。チームラボでPM、スタートアップの技術顧問などを歴任のITスペシャリスト。東京大学工学部卒業。
入会金無料キャンペーン202009(3)

キッズプログラミング教室【アルスクール】では、オンライン校を開講しました。

それにあたって、入会金無料キャンペーンを実施中です!

オンライン校・自由が丘校・中野校で、通常10,000円の入会金が無料になります。

入会金無料キャンペーンは9月末までの期間限定です。

この機会に、アルスクールの学びを体験してみませんか。

オンライン校・自由が丘校・中野校で、無料体験会を随時開催中です。

詳しくはこちらをご覧ください。

入会金無料キャンペーンの詳細はこちら