教育

何買う?いつ買う?子ども用のパソコンの選び方

小学生や中学生のお子さんがいるご家庭で、子どもにパソコンを買おうか悩んでいる方もいると思います。アルスクールでも結構相談を受けます。

そこで、パソコン選びのポイントをいくつか考えてみましょう。

パソコンは何歳くらいで必要?

小学2年生くらいから考えるといいでしょう。

タブレットでもいろいろできますし、音声入力やフリック入力の方が子どもは楽です。でも、今の技術では、少し複雑なことをやろうとすると、まだまだキーボードとマウス(タッチパッド)を使っての操作が必要です。

キーボードを使いこなすのはただ練習するのみ。いわゆるタイピングです。タイピングで、学習速度やできることが圧倒的に変わってきます。九九を覚えるのと同じです。

小学1年生だと、ローマ字入力でアルファベットを覚えるのが少し難しいけど、小学2年生だと割とすんなり覚えます。

また見落としやすいですが、マウスやタッチパッド操作も、慣れていない子は結構苦労します。

子どもは大人と同じことをやるのが大好き。パソコンがあれば自然と使いたくなります。
同じYouTubeで見るのも、タブレットで音声で検索するのか、パソコンで大人みたいにキーボードを使うのか。

子どもの好奇心をスキルアップにつなげるためにも、小さいうちからパソコンがあっていいと思います。

 

子ども用パソコンは安いもので充分

いろんなパソコンがあって悩まれると思います。説明を見てもよくわからないですよね。プログラミング教室によっては高いパソコンが求められるかも知れません。

安いパソコンではできないことも多いです。特に難易度の高いプログラミング(UnityやiOSアプリ開発)ができません。

でも、これらは小さいうちから学ぶには難易度が高いです。早くても小学校高学年でないと難しい。他にいくらでもプログラミングは学べます。

難しい教材を使っているプログラミング教室では、家で継続的に学習するのが難しくなります。難易度の面でも、これらを最初に学ぶのはオススメしません。

また、高いパソコンが子どもに壊されたら、、悲劇です。

まずは5万円くらいのPCで充分です。それで充分使いこなせるようになったら、Macを買うのをオススメします。

 

はじめから入ってる学習ソフトはいらない

学習用ソフトがはじめから入っている、という子供向けPCも多いです。

でも、大体のプログラミングソフトは、インターネットに繋がれば使えます

例えばScratch(スクラッチ)やmicro:bit(マイクロビット)。CodeMonkey(コードモンキー)もそうです。世界中で学ばれているソフトです。

ですので、はじめから入っているソフトは気にしないで大丈夫です。

 

ペアレンタルコントロール(親による操作制限)

子どものパソコンなどで、使える時間や接続できるサイトを制限する機能は、ほとんどのパソコンで使えます。

またパソコンでなくても、家のインターネット環境(ルーター)などで制限もできます。

ですので、こちらもあまり気にしないで大丈夫です。

 

オススメのパソコン

ご両親のお古などがあれば、わざわざ買わないで、それで充分です。

買う場合は、Chromebook(クロームブック)をオススメします。

Chromebookとは、WindowsでもMacでもない、Googleが作っているOS(基本ソフト)を使ったパソコンです。まだ日本ではあまり知らせていませんが、安価で使いやすく、アメリカの教育現場で多く使われています

できることが限られますが、画面をタブレットのようにタッチできる端末もあり、子どもにはとても使いやすいです。

Windowsも安いものが結構ありますし、中古品も多いので、それでもいいでしょう。ただ安いWindowsは性能が少し不安です。

Macはエンジニアは一番使っています。いつかはMacがいいでしょうが、高いです。しかも画面をタッチで操作できないです。

Chromebookの弱点

パソコン版のマインクラフトはできない

頑張ればできるかもしれませんが、いずれにしてもハードルが高いです。マインクラフトをパソコンでやることが目的の場合はオススメしません。

一部学習ソフトで制限がある

例えばスクラッチとマイクロビットを連携させるのは2019年10月時点だとChromebookではできません。
とはいえ、連携できなくても、スクラッチもマイクロビットも、それぞれ個別では充分学習できるので充分です。

日本であまり売っていない

家電量販店でもあまり実物がありません。都内にお住まいの方は、池袋のビックカメラは結構置いてあるので、おすすめです。

 

オススメの機種

ASUS Chromebook Flip C101PA(外部ページ

アルスクールのメインマシンです。10.1型と小さく軽く、子どもでも使いやすい。画面タッチもできます。

Acer Chromebook R 11(外部ページ

11.6型で少し大きく、作業がしやすいです。
専門的ですが、CPUがIntel製で、Linuxモードとの相性がよいです。

Lenovo 300e Chromebook(外部ページ

Acer Chromebook R 11とほぼ同等のスペックです。使ったことないですが、頑丈そうで子供にはよさそうです。

 

それでも悩んだら

ぜひアルスクールに遊び来てください。

アルスクールではご自宅での学習まで考慮してカリキュラムを考えています。いろいろご相談に乗れますので、ぜひ一度、体験イベントにお越しください!

アルスクールの体験イベントについて調べる >

ABOUT ME
むらっち
むらっち
村野智浩。探究型プログラミング教室アルスクール代表。探究学習などを学びながら、150名以上の子どもたちと学ぶ。チームラボでPM、スタートアップの技術顧問などを歴任のITスペシャリスト。東京大学工学部卒業。
探究型プログラミング教室
アルスクール

アルスクールは、自由が丘、中野にある小学生、幼児(年中、年長)向けのプログラミング教室。プログラミングを使った創作活動を通じて、子どもたちの学びたい意欲を引き出す学び場です。子どもが夢中になる学びをぜひ一度体験してください。

体験イベントをチェック