プログラミング教材

CapsLockの解除方法【パソコン・スマホ】|解除しても大文字になる時の対処法

capslock 解除 (8)

CapsLock(キャップスロック)を解除する方法を紹介します。

Capslockは、一般的な方法で行っても大文字になって解除できない時があります。

この時は、OSやソフトによって対応方法が異なります。

そのため、今回は、PC(Windows・Mac)・スマホ(Android・iphone)・Microsoft officeで、CapsLockを解除できない時の対処法を詳しく紹介していきます。

 

CapsLock(キャップスロック)とは

capslock 解除 (9)

Capsは、大文字のことで、【Capital letters】の略です。

つまり、CapsLockを使うことで、キーボードを押すとすぐに大文字入力できるように、ロックすることができます

shift+CapsLockを同時に押すことで、CapsLockを有効にすることができます。

CapsLockを有効になると、キーボードによってはランプがつきます。

 

CapsLock(キャップスロック)を解除する方法

capslock 解除 (7)

【パソコン】Windows・Macともに同じ

CapsLockを解除するには、shift+CapsLockを押すだけです。

これで、キーボードによってはランプが消え、解除することができます。

Windows、Macでも同じです。

【スマホ】Android・iPhoneともに同じ

capslock 解除 (2)

スマホでCapsLockを解除する方法は、AndroidでもiPhoneでも同じです。

まず、固定で大文字入力する時は、アルファベット入力画面の左下にある上向き矢印(↑)を2回タップします。

capslock 解除 (1)

その後、CapsLockを解除する時は、同じように上向き矢印(↑)を2回タップすれば解除できます。

 

CapsLock解除できない!大文字になる時の対処法

上記の方法でも、CapsLockを解除できず、大文字になる場合があります。

そんな時の対処法をいくつか紹介します。

PCを再起動

まずはPCを再起動してみてください。

これだけで、うまくいく場合があります。

再起動してもうまくいかない場合は、以下の方法を順次試してください。

 

Windows

CapsLockの解除キーを変更

Capslockの解除キーを、Shiftキーに割り当てて解除できる場合があります。

以下の方法を試してみてください。

capslock 解除 (4)
  1. 「Windowsマーク」 ⇒ 「設定」⇒「デバイス」⇒「入力」(左メニュー)をクリック
  2. 一番下にある「キーボードの詳細設定」をクリック
  3. 「言語バーのオプション」をクリック
  4. 「テキストサービスと入力言語」ウィンドウが表示、「キーの詳細設定」タブを開く
  5. 「CapsLockキーを解除する方法」で、「CapsLockキーを押す」を「Shiftキーを押す」に変更⇒「適用」⇒「OK」をクリック
  6. 「Shiftキー」を押してテキスト入力(メモ帳など)⇒ CapsLockが解除できたか確認
  7. 再び「言語バーのオプション」を開く⇒CapsLockキーを解除する方法を「CapsLockキーを押す」に戻す

 

スクリーンキーボードを使う

他に、「スクリーンキーボード」を使う方法もあります

以下の方法で対応できる場合があります。

capslock 解除 (5)
  1. 「Windowsマーク」⇒「設定」⇒「簡単操作」⇒「キーボード」をクリック
  2. 「スクリーンキーボードを使用する」を「オン」に切り替え
  3. 画面にスクリーンキーボードが表示
  4. CapsLockがオンになっていると、スクリーンキーボード内の「Caps」キーに色がつく
  5. スクリーンキーボード内の「Shift」キー⇒「Caps」キーをクリック。
  6. 「Caps」キーの色が消えたらスクリーンキーボードを閉じる
  7. 「設定」の「スクリーンキーボードを使用する」のスイッチをオフに戻す

 

Mac

NVRAMリセット

MacでPCを再起動してもうまくいかない場合は、NVRAMリセットをする方法があります。

NVRAM(PRAM)リセット、セーフモード後に再起動を試して下さい。

>>NVRAMリセットについて:Apple公式サイト

>>セーフモードについて::Apple公式サイト

 

PowerPoint・Excel・Word

他のツールだと小文字になるのに、PowerPoint・Excel・Wordで大文字しか入力できない場合があります。

その場合は、バージョンにもよりますが、以下の方法で対応できる場合がありますので試してみください。
※Microsoft 365(Office 365)の場合などに適用されます。

capslock 解除 (3)
  1. 「ホーム」⇒「フォント」⇒「斜め矢印」をクリック
  2. フォントウィンドウが表示
  3. 「すべて大文字」をチェック⇒「OK」をクリック
  4. 「すべて大文字」のチェックを外す⇒「OK」をクリック

 

CapsLockキーを無効化する方法(Windows)

capslock 解除 (6)

Microsoft IMEのキー設定を変える

「Microsoft IMEから設定を変える」方法は、次の通りです。

  1. デスクトップの右下にある「あ/A」をクリック
  2. 「プロパティ」からキー設定を変更⇒CapsLockキーの無効化

ただ、バージョンによっては、この方法で無効化できない場合があります。

その場合は、Capslockを無効化できるツールを試してみて下さい。

 

次から、ツールをいくつか紹介します。

Ctrl2Cap v2.0

「Ctrl2Cap」はMicrosoft社が無償提供しているツールで、【CapsLock】と【Ctrl】の機能を入れ替えることができます。

Ctrl2cap配布サイトから、Ctrl2cap ファイルをダウンロード・インストールしてください。

その後、再起動すると完了です。

 

Powertoys

PowerToysは、Microsoftがオープンソースで開発したソフトです。

【キーボードのキーの無効化、変更】の他に、複数ウィンドウ位置の整理や画像の解像度変更などもできます。

こちらのソフトを使えば、Capslockを無効化することができます。

こちらのページの方法(Microsoft公式)で、ダウンロード・インストールすることができます。

無料体験レッスン

キッズプログラミング教室【アルスクール】では、自由が丘校・中野校・中野TCS校・恵比寿校・福岡西新校・オンライン校で、プログラミングレッスンを行っています。

通常レッスンに参加できる無料体験レッスンは、随時開催しています。

好きなモノを作り、子どもどうしがお互い刺激し合いながら、プログラミングスキルや非認知能力を伸ばしています。

この機会に、一度アルスクールの学びを体験してみませんか。