体験教室

プログラミング教室 1day体験レポート@新橋(2018/4/14(土))

プログラミング教室 1day体験を行いました!

2018年4月14日(土)10:30〜12:00に、虎ノ門の株式会社シグマクシス様にご協力いただき、スペースをお借りして、ArSchoolのプログラミング体験教室を行いました!

シグマクシス様ありがとうございます!!!

 

今回は新橋校の入学を検討の方や、気軽にプログラミングに触れさせて見たい方など、4名のお子さんとそれぞれの保護者の方が参加しました。

 

初めてパソコンに触る子も含め、全員がプログラミングに触れたことがない!ということでしたが、聞くよりやって見た方がわかりやすいということで、基本的なパソコンの操作だけ教えて、早速クラスでも使う「CodeMonkey(コードモンキー)」というプログラミング学習ゲームをやってみました。

 

CodeMonkey(コードモンキー)

CodeMonkeyはプログラミング教育先進国イスラエルの全土の小学校を始め世界中で600万人が学ぶ、プログラミング学習ゲームです。CoffeeScriptという、仕事でも使われるプログラミングを学んで行きます。

パソコンを使ったことがない、英語がわからないなど、参加される前は不安に思われる保護者の方も多かったですが、全然だいじょうぶ。子供はすごいんです。

どんどん慣れて進んでいく子、一つずつゆっくり進めたい子など様々な子がいます。その子のペースで進めることが大事です。

 

とはいえ、放任するわけではもちろんありません。悩んでいるとき、分からなくてつまずいた時、先生が考え方のヒントをそっと教えます。答えを教えるのではなく、あくまで考え方のヒント

答えが分かって解けたときでなく、その過程、試行錯誤するときにこそ、子どもは伸びます。進むことが大事ではなく、子どもが成長することが大事。
ヒントの与えすぎ、答えの教えすぎは、本末転倒です。

 

40分程CodeMonkeyを体験したら、少し休憩して、次はレゴ® BOOST!という予定。
10分ほど休憩時間を取っていたのですが、みんなCodeMonkeyを止めない。それはそれでいいんです。子どもの興味を大切にしましょう。

 

 

レゴ® BOOST

レゴ® BOOSTは、iPadでブロックを組み合わせてプログラミングを行う、より分かりやすい学習ツールです。タイヤを動かしたり、距離や色に反応して音を出したり、いろいろなことができます。

 

レゴ® BOOSTの簡単な説明をして、早速興味のおもむくままに、それぞれプログラミングを楽しみます。

 

子どもの思いを大切にしつつ、「こういうのもできるよ!」と更に刺激を与えます。

 

初めてプログラミングに触れた子も、レゴ® BOOSTをセンサーに赤色のものをかざすと指示した通りに動くようにしたり、壁に近づくと回避するように自分でプログラムを組み立てることができました。

 

お子さんの声

『自分で音が出せたりしておもしろかった!』

『赤い色で動くようにできたのがおもしろかった!』

 

子どもたちの自分で試してみてやり抜く力を、適切にサポートするプログラミング教室「ArSchool(アルスクール)」を、一度体験してみませんか?

探究型プログラミング教室
アルスクール

アルスクールは、自由が丘、中野にある小学生、幼児(年中、年長)向けのプログラミング教室。プログラミングを使った創作活動を通じて、子どもたちの学びたい意欲を引き出す学び場です。子どもが夢中になる学びをぜひ一度体験してください。

体験イベントをチェック