中野校

Scratchを使った小学生向けレッスン|主体的にどんどん学んでいた【中野校】

中野校レッスン小1~小6 (26)

アルスクール【中野校】の小1~小6レッスンを紹介します。

この日のレッスンは、小5の男の子・女の子の2人でした。
(※感染症対策で窓を開けているため、2人はコートを着たまま)

今回は、2人ともプログラミング教材【Scratch】を使ったレッスンをしました。

Scratch プログラミング(9)
スクラッチはプログラミングを始めるのにおすすめ!簡単なゲームを作ってレビューしてみたスクラッチは小学生くらいの子供がプログラミングをはじめるのにおすすめの教材です。プログラミングのエッセンスを簡略化し分かりやすくビジュアル化しているため、子どもでも使いやすいのです。そこで、スクラッチのおすすめポイントや実際に作品を作ってみた感想を紹介します。...

 

男の子はアルスクールに入って約3ヶ月、女の子は約1か月です。

まだ、日は浅いですが、この日のレッスンでは、2人とも「こうしたい!どうやったらいいかな?」といった感じで、主体的に学びながら進めていました

自分でどんどん進めていく男の子、分からない所はきちんと確認しながら進めていく女の子と、タイプは違いますが、2人とも1時間半しっかり作品づくりをしていました。

主体性を育みながら、プログラミングスキルや非認知能力を伸ばすアルスクールのレッスンについて、詳しく紹介します。

 

はじめにプログラミング作品を紹介しよう

レッスンの始めは、家で作ってきた作品や、見つけてきた面白いプログラミング作品を紹介します。

中野校レッスン小1~小6 (1)

女の子の方は、以前から作っていたプラットフォーマ―ゲーム(スーパーマリオブラザーズのようなゲーム)を紹介してくれました。

「キャラをジャンプさせて、ゴールと書いたところまで移動できるようになった!」と画面を見ながら説明してくれました。

 

男の子は、大好きな電車の写真を加工した作品や、好きなキャラがダンスしている動画作品を紹介してくれました。

どちらも家で作ってきたScratchの作品です。

最後に、講師も自分の作品を紹介。

中野校レッスン小1~小6 (2)

今回は、Scratchで作った時計を紹介しました。

講師も紹介することで、みんなの創作イメージや意欲を膨らませています。

 

今日のレッスンは何をしたい?

中野校レッスン小1~小6 (24)

レッスンでは、最初に、その日に何をつくりたいのかを子ども達に質問します。

男の子は、前回から作っていた、「たくさんの電車を紹介するページの続きを作る!」と言い、

女の子も先ほど紹介してくれた、「プラットフォーマーゲームの続きを作る!次は、コインを取れるようにしたいなぁ」とのこと。

このように、アルスクールでは、主体的に学ぶ力を身につけるため、「自分で何をするか決める」ことも大切にしています。

 

電車を紹介するページを作る

中野校レッスン小1~小6 (15)

男の子は、たくさんの電車の写真を、テロップや音楽を入れながら紹介するページを作っていました。

自動でスクロールするテロップを入れたい

電車を紹介するテロップを、自動で上から下にスクロールするように作っていました。

「今度の4番線の電車は、各駅停車我孫子行きです。」

と大きく書いた文字をスクロールしたりして、楽しそうでしたよ。

電車の写真が左右に動くようにしたい

中野校レッスン小1~小6 (18)

次に、電車の写真を左右に動くようにしていました。

最初は、「乱数を使ってみようかな」と乱数のブロックを入れて動かしてみることに。

実際にやってみると、「あれー、動きがカクカクする。もうちょっとなめらかに動かしたい」と言って、変更することに。

 

「X座標を左右に指定して動くようにしたら、なめらかな動きになったー!」と自分で気づき、変更していました。

この男の子は、講師に聞きながらというよりも、どんどん自分で試して作っていくのが好きなタイプ。

「次はこうしようかな♪」と言いながら、次々に試していました。

 

Scratchでプラットフォーマーゲームを作る

女の子は、プラットフォーマ―ゲームの続きを作っていました。

こちらは、講師がアドバイスしながら進めていきました。

コインを取って音が鳴るようにしたい

中野校レッスン小1~小6 (3)

まずは、コインを取れるようにするため、Scratchでコインの絵を描いていました。

コインの真ん中に長方形も描いて、よりリアルなコインに見えるようにしていましたよ。

絵を描き終わると、今度は「コインをゲットできるようにしたいんだけど、どうすればいいんだろう…」と困ってしまいました。

そうすると、男の子が「キャラがそこに触れた時、コインが消えるっていう風にすれば?」とアドバイス。

講師が、説明を補足して、無事コインを取ったら消えるようになりました!

中野校レッスン小1~小6 (4)

そして、効果音もつけ、よりコインをゲットした感じが出るようになりました。

 

点数をつけよう

実は、この時、講師も同じようなプラットフォーマ―ゲームを作成中。

講師「【コインにふれたら、コインの変数を1ずつ増やす】っていう風にしたよ」

中野校レッスン小1~小6 (8)

女の子「どうやってやるの?」

講師「変数っていうのを使うんだよ。変数のカテゴリーにあるブロックを見てみて」

その後、女の子は、【コインを1ずつ変える】というブロックに気づいて、無事点数がつけられるようになりました!

 

ゴールしたら【クリア】がでるようにしたい

次に、講師が「コインを3つ取ったら音楽流れるとかにしよっかな。」と言うと、

中野校レッスン小1~小6 (9)

女の子もゴールした時の音楽を探し出しました。

中野校レッスン小1~小6 (10)

このように、1つ1つすべて講師が教えていくのではなく、「さりげなく子ども達が気づき、自分でやってみたいと思う」そんな主体的な学びを大切にしています

 

その後、「ゴールしたら、クリアって出るようにしたい!」とクリアの文字を作ることに。

Scratchでは、クリアの文字を入れる時、背景として作ることもできれば、スプライト(キャラクター)として作ることもできます。

講師が男の子に、「クリアは、背景とスプライトどっちがいいと思う?」と聞くと、

男の子は、「スプライトがいいよ!背景だと一番後ろになっちゃうけど、スプライトだと前に出すことができるから。」と言い、

講師も「おおー!確かに!」と反応。

講師が女の子に補足説明し、

中野校レッスン小1~小6 (25)

女の子はスプライトで「クリア」を作って、最後に表示させることができるようになりました。

中野校レッスン小1~小6 (17)

子どもどうしでとても良いコミュニケーションができ、作品がどんどんバージョンアップしていきました。

 

今日やったことを発表・フィードバック

レッスンの最後は、今日やったことの発表です。

中野校レッスン小1~小6 (19)

2人とも前の画面に自分の作品をうつしながら、どんなふうに作ったのかしっかり説明してくれました。

中野校レッスン小1~小6 (23)

そして、講師がそれぞれの作品の感想とフィードバックをしました。

 

女の子の発表の時に、男の子が「右→を押したらキャラが右に、左→を押したらキャラが左に動くようにするのはどう?」とアドバイス。

中野校レッスン小1~小6 (21)

女の子は、その場ですぐに作って、矢印でキャラの向く方向を変えることができました!

 

刺激し合う子ども達|作品がレベルアップ

男の子は、自分でどんどんやっていきたいタイプですが、それだけだと一人で進めることになりがち。

そのため、女の子が困っている時など、あえて講師が「○○くん、どうしたらいいと思う?」とふったりして、男の子ともコミュニケーションを取っていました。

 

そして、子ども達がアドバイスし合ったりコミュニケーションを取ることで、作品がさらにレベルアップする場面が何度かありました

お互い刺激し合って、良い効果が生まれていました!

無料体験レッスン

キッズプログラミング教室【アルスクール】では、自由が丘校・中野校・中野TCS校・恵比寿校・福岡西新校・オンライン校で、プログラミングレッスンを行っています。

通常レッスンに参加できる無料体験レッスンは、随時開催しています。

ただ今、入会金無料キャンペーン実施中です!通常11,000円する入会金が今なら無料です。

この機会に、一度アルスクールの学びを体験してみませんか。

冬の入会金無料キャンペーン2021(3)>>無料体験レッスンのお申込みはこちら!入会金無料キャンペーン実施中