OPEN
CLOSE

変化し続ける社会で輝く、
子どもの未来をつくろう

来る第四次産業革命、AIやIoTの一般化によって社会の大転換が訪れ、将来子どもたちは新たな職業に、新たな技術を駆使して従事することでしょう。 ヒトと技術が共存する新たな社会で活躍する人物像は、「個人で問題を解決できる」ことから、「仲間と協力して創造的になれる」ことへと変化しているのです。
パラダイムシフトする産業構造
第1次産業革命
1784年
蒸気機関
産業の機械化
第2次産業革命
1870年
分業による効率化
電気・大量生産技術
第3次産業革命
1969年
電子化・情報通信・
自動化
第4次産業革命
これから
AI・IoT・ロボット・
ビッグデータ
求められる人物像
  • 1) 課題設定力、目的設定力
  • 2) データ活用やITにかかる能力・スキル
  • 3) コミュニケーション能力
  • 4) 分野を超えて専門知や技能を組み合わせる実践力
  • 5) リーダーになる資質
これからの社会を担う子どもたちが、今、プログラミングを通じて学ぶべきことは何なのか、アルスクールのビジョンをまとめました。