プログラミング教室

幼児向けプログラミング教材おすすめ8選|アプリとおもちゃで学ぼう

プログラミング幼児2

幼児・未就学児の頃から、プログラミングに触れさせたいと考える保護者の方が増えていますね。

小学校プログラミング必修化の影響もあって、プログラミング教材はたくさん販売されています。

選択肢が多いのは良いことですが、「いっぱいありすぎて何を選べば良いのかわからない!」と感じている方も多いはず。

そこで今回は、幼児・未就学児向けのおすすめのプログラミング教材(おもちゃと無料アプリ)を紹介します。

 

幼児がプログラミングを学ぶといい理由って何?

プログラミング幼児3

2020年から新しくなる指導要領では、小学生からプログラミングが必修化されます。

もっとも、必ずしもパソコンにかじりついてプログラミングを組むという意味ではなく、

「コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身に付けるための学習活動」として位置づけられているものです。

つまり、小学校でのプログラミングはプログラミング言語や技術を学ぶものではなく、その論理的思考力が重要であるということ。

幼児のときから、楽しく遊びながらプログラミングに触れることで、自然と必要な思考力を身につけることができます。

参照:小学校プログラミング教育に関する概要資料_文部科学省

 

幼児向けプログラミング教材の選び方

プログラミング幼児4

では、具体的にどのようなプログラミング教材を選ぶと良いのでしょうか。

幼児向けのプログラミング教材でもっとも大切なことは、「勉強する」という感じではなくて、「楽しく遊べる」ということです。

特に幼児期は、興味のないことはまったく吸収しません。

それどころか、無理に興味のないことをさせようとすると嫌いになってしまったりもします。

「楽しい」と感じ、夢中になって遊んでいる中で、プログラミングを自然に学んでいけるものを選びましょう。

 

幼児に人気のプログラミングおもちゃ5選

キュベット

キュベット レビュー(6)

キュベット(Cubetto)は、木製のロボットです。

3~6歳向けにデザインされているので、小さなお子さまにも安心して使ってもらえます。

キュベットのプログラミングは、専用ボードにブロックをはめこむことで行います。

ブロックが「ひとマス直進」「右に90度」「左に90度」などの命令になっていて、これを組み合わせてキュベットを動かします。

一人遊びでも試行錯誤でき、コーディングブロックの種類も少ないのではじめての教材にぴったりです。

  • キュベット(Cubetto)
  • 対象:未就学児(3~6歳)
  • 開発元:Primo Toys(プリモトイズ)

>>公式サイト

 

コード・A・ピラー


コード・A・ピラーは、芋虫型のロボットです。

対象年齢は3~6歳で、胴体パーツそれぞれに「前進」「右折」「左折」といった命令を持たせるので、文字入力はもちろん、命令用の別ボードも必要としません。

コード・A・ピラー ツイストでは、胴体パーツにダイヤルが付き、ダイヤルを回すだけでさまざまな命令に切り替えることができます。

単に進むだけでなく、音楽を鳴らしたりする命令もあるので、特に目的意識がなくても楽しんで触れることができます。

  • コード・A・ピラー
  • 対象:未就学児(3~6歳)
  • 開発元:フィッシャープライス(マテル・インターナショナル株式会社)

>>公式サイト

 

Code & Go ロボットマウス

Code & Go ロボットマウスは、ネズミ型のロボットです。

専用のボードや壁、トンネルなどがあり、自分で迷路を組み立てることができます。

ゴールにチーズを置いたらできあがり。

コーディングは、ネズミの背中についたスイッチを順に押して行います。

3歳から対象ですが、最初から迷路を組み立てて問題解決させるのは難しいので、まずはスイッチを押して動かしてみるのが良いでしょう。

コーディングが視認できないので、もう少し上の年齢からでも良いですね。

  • Code & Go ロボットマウス
  • 対象:3歳~
  • 開発元:Learning Resouerces

>>公式サイト

 

はじめてのプログラミングカー

はじめてのプログラミングカーは、車のおもちゃです。

ロボットマウスと似ていますが、マップが固定されていてゴールや道順は任意で決定すること、コーディングに命令カードを使用することなどが異なります。

命令の種類が多く、コーディングも視認できませんが、命令自体は直感的にわかりやすいので、子どもにはとっつきやすいでしょう。

しっかり課題解決の力をつけたい、少し上の年齢のお子さまにおすすめです。

  • カードでピピッと はじめてのプログラミングカー
  • 対象:3歳~
  • 開発元:学研ステイフル(Gakken Sta:Ful)

>>公式サイト

 

Let’s Go Code! アクティビティセット

Let’s Go Code! アクティビティセットは、ロボットを動かすのではなくて、自分が命令どおりに動くという教材です。

床にマットを置いて、ゴールになるロボットカードを設置。

コマンドカードどおりに動いてゴールを目指します。

ちょっと変わった等身大すごろくみたいで、自分で身体を動かすことができるのがおもしろいです。

家族やお友だちとワイワイ盛り上がりながら、プログラミングに必要な思考力を育てることができます。

  • Let’s Go Code! アクティビティセット
  • 対象:5~10歳
  • 開発元:Learning Resouerces

>>公式サイト

 

幼児におすすめの無料プログラミングアプリ3選

Scratch Jr

Screenshot of www.scratchjr.org

Scratch Jr(スクラッチジュニア)は、子ども向けのプログラミング開発環境として有名なScratch(スクラッチ)の簡易版です。

より小さなお子さまでもできるように、if文などの複雑な条件を廃し、ひらがなと整数でつくられています。

それでもかんたんなゲームや、動く絵本のようなものもつくることができます。

はじめは大人が子どものために何かをつくってあげるのも「自分も!」という気持ちになれて良い動機づけになるかもしれませんね。

  • Scratch Jr(スクラッチジュニア)
  • 対象:5~7歳
  • 料金:無料

>>公式サイト

 

Viscuit

Screenshot of www.viscuit.com

Viscuit(ビスケット)は、自分が描いた絵を動かすことができるプログラミング言語・開発環境です。

特別むずかしいことはなく、「メガネ」と呼ばれる「○→△」という変化だけを組み合わせて作ります。

組み合わせ次第ではゲームや動く絵本などもつくることができますが、まずは「自分の描いた絵が動く」という部分を楽しむことですね。

創作が好きなお子さまであれば、メガネを組み合わせてひとつのストーリーを完成させることもできるでしょう。

  • Viscuit(ビスケット)
  • 対象:~5歳
  • 料金:無料

>>公式サイト

 

Code Karts

Screenshot of www.sourcenext.com

Code Karts(コードカーツ)は、4歳から遊べるプログラミングアプリです。

遊び方はとってもかんたん。

「↑」「→」「←」「↓」の4つの方向指示ブロックを配置して、車をゴールまで導くだけです。

類似の思考を利用したロボット知育玩具もたくさんありますが、一手ずつ配するのではなく、コーナーごとにブロックを置くだけなのでより直感的に使えます。

パズルゲームのように少しずつ難易度が上がっていくのも飽きづらくおすすめです。

  • Code Karts(コードカーツ)
  • 対象:4~8歳
  • 料金:基本無料(アプリ内課金あり)

>>公式サイト

 

幼児向けプログラミングの絵本|ルビィのぼうけん こんにちは!プログラミング

もうひとつ、おもちゃでもアプリでもないおすすめが、『ルビィのぼうけん こんにちは!プログラミング』という絵本です。

“どうして?”という言葉が大好きな主人公・ルビィ。

ある日パパからの手紙で宝石を探し始めます。

パソコンもスマホもロボットも、もちろんプログラミングのコードも一切使わないのに、プログラマー的思考がぎっしり詰まったこの絵本は、世界20ヵ国以上で反響を呼んでいます。

読み聞かせる側にプログラミングの知識があると、より一層楽しめます。

  • 発売日:2016年05月19日
  • 価格:本体1,800円+税
  • 仕様:B5変・114ページ

>>公式サイト

 

幼児は飽きっぽい?学びにつなげるなら教室もおすすめ

プログラミング幼児5

ここで紹介したの幼児向けのプログラミング教材は、どれもおすすめのものですが、お子さまはどうしても飽きて終わってしまうことがあります。

大人のアプローチ次第ではひとつの教材でも長く発展的に学び続けることができるのですが、大人の側にプログラミングや幼児教育の知識が十分にあるとは限りませんよね。

特に知育玩具は値の張るものも多いので、どうしても「どうせ買ってもすぐ飽きるんでしょ」と思いがちです。

そういうときは、プロに任せてみるのがおすすめです。

プログラミング教室では、上手に興味を引きながら、子どもに合わせて学びにつなげることができます。

お子さまが飽きてしまったり、うまく教材を活用できていないと感じたら、プログラミング教室を検討してみましょう。

入会金無料キャンペーン7月

キッズプログラミング教室【アルスクール】では、5月よりオンライン校を開講しました。

それにあたって、入会金無料キャンペーンを行います!

オンライン校・自由が丘校のどちらでも、通常10,000円の入会金が無料になります。

入会金無料キャンペーンは7月末までの期間限定です。

この機会に、無料体験会に参加して、アルスクールの学びを体験してみませんか。

オンライン校・自由が丘校ともに、無料体験会を随時開催中です。

詳しくはこちらをご覧ください。

入会金無料キャンペーンの詳細はこちら